中国地方にある不思議なホテルでの出来事

スポンサーリンク
中国地方にある不思議なホテルでの出来事ホテル

印象に残っているのは、夜、眩しさで目が覚めたことです。

私は何故か「あれ、ドアを開けっぱなしで寝ちゃったかな、

廊下の明かりが入ってきた」などと思いました。

ホテルに来てドアを開けっぱなしにしたことなど一度も無いので、

何故こんな発想になったのか分かりませんが、とにかくその時はそう思いました。

そして身を起こし何気なく化粧台の前の籐の椅子に目を遣りました。

この籐素材であるはずの椅子の背もたれが、スクリーンのように光って

「横に移動する」何かを映しているように見えました。

この時も寝ぼけていたのか、「廊下の人の往来が椅子に反射して映っている」と思っていました。

でも次の瞬間、今まで横移動だった何かが、背もたれに巻き付くような縦回転の動きに変わったのです。

この籐の椅子は背もたれと座る所(座)の間に少し隙間がある構造になっています。

丁度、縦回転式の幟のような感じです。

分かりづらくすみません。

私がその状況を理解できずにいると、横で寝ていた人が

「目が覚めたの?」と話しかけてきて、そのまま二人とも寝ずに起きていたので

夢でなかったのは確かだと思います。

念のために言っておくと、ドアは普通に閉まっていました。

このホテルのお話をもう一つさせてください。

こちらは友達のお母さん(以下Nさん)がそのホテルで清掃の仕事をしていた時の体験です。

Nさんは豪胆な人で、誰にでも遠慮なく話しかける人です。

ある日、Nさんがいつもどおりホテルの清掃をしていたところ、

気づいてみたら自分以外にもう一人いることに気付きました。

「あれ?手伝いに来てくれてたの?」と言っても返事が無かったので、

ちょっとムッとなって「でも声くらいかけてよ」と言うと、

次の瞬間その人影が音も無く足元に移動してきていたそうです。

拭き掃除をするような屈んだ姿勢で顔は見えなかったと言います。

踊る小人たち/お辞儀して消えた親子の霊 怖くない心霊体験(中国地方)
踊る小人たち 幼い頃、毎週見ている好きなアニメ番組がありました。 今も続いているご長寿アニメ番組で曜日も時間も当時と同じです。 当時住んでいたのは古い木造二階建てで、 二階以外は、テレビの置いてある居間、台所、 縁...
島根県の黄泉比良坂へ行った時の怖い体験です(松江市出雲町)
これは知り合いのY君と先日飲んで聞いた怖い話です。 Y君は実家が農家で、秋まで農家の仕事。 冬場は作業ができないので、某宅急便や他の会社でアルバイトし一生懸命働いてます。 彼とは年に数回飲む機会があり色々話をしました。 ...
岡山の古い病院で霊と会話した患者さんの話
岡山に住んでいた頃の話です。 とある医療法人の病院に勤めていた時のこと、 その病院(H病院とします)では入院患者さんがおられる亜急性期病棟がありました。 私はそこで夜勤を含む交替制の勤務についていました。 昭和初期に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました