神戸市長田区の国道2号線沿いにある雑居ビルでのゾッとした話

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

とある雑居ビルでのゾッとした話です。

神戸市の国道2号線沿いに、

4階建の古い雑居ビルがありました。

(現在は神奈川に引っ越したので未だにあるのかは不明)。

入れ替わる店舗

1階店舗には以前、ラーメン屋さんが入っていました。

私が散歩しているとラーメン屋さんが店をたたんで、

別の新しい店舗が入るための内装工事をしているのを見つけました。

私は「またか」と思ったのは、

ここの店舗には飲食店が

何度も入れ替わっていることを知っていたからです。

昼のランチどきには客はそこそこ入っているのに、

定着する店がないのが不思議でたまりませんでした。

人がいない雑居ビル

その雑居ビルの2階から4階(屋上)は賃貸の住居のはずが人の出入りがありませんでした。

私がいつも散歩で通る時は、

4階までの部屋の窓は開いているところや

閉まっているところがありました。

カーテンなどは見えないため空室の筈で、

だれもいないのに不気味だなと思いながらも、

それほど気にはしていませんでした。

私は看護師をしていました。

別の病院で夜間救急に携わる看護師の沙織(仮名)という友達から、

その雑居ビルの噂話を聞いたことがありました。

沙織の病院には月に1度くらいの頻度で深夜2時頃に、

その雑居ビルの誰かが救急車を呼ぶとのことでした。

しかし、救急車が駆けつけてもだれもいない。

空っぽの部屋があるだけでした。

雑居ビルの秘密

ある日、病院で担当したある患者Aさん(84歳女性)と話していたときのことです。

その方は、1995年の阪神淡路大震災の被災者でした。

阪神淡路大震災では直下型地震で古い建物の多くは崩れ、

多くの人が生き埋めになりました。

Aさんは息子さんが地震で亡くなられたときの話をしてくださいました。

避難所、がれきの下、遺体安置所も巡って息子を探したと言います。

Aさんは息子さんが遺体で安置されていたのを地震から2週間後に発見しました。

安置されていたのは、

多くの建物が崩れる中で生き残ってポツンと佇む雑居ビルだったそうです。

疑問に思い場所を尋ねると例の雑居ビルでした。

例の雑居ビルが遺体安置所だったことを初めて知りました。

雑居ビルの声

わたしはAさんに

「あの雑居ビルに人がいないのはなぜでしょうね」

と何気なく聞くと、Aさんが首をかしげたようにし

「え?たくさん住んどるやんか」と言いました。

わたしは怖くて聞き返しませんでした。

救急看護師の沙織に話すと、

「ボケてるんじゃない?」

と笑って言われました。

しかし、私は看護師をしているので、

その方が認知症でないことははっきりわかりました。

Aさんは膝痛で検査入院しているだけで、

普段は自営業を営む頭のしっかりした方でした。

風俗店で起こる不思議な心霊体験(兵庫県神戸市)
自殺した女性は、店では人気があった この話は、風俗で働く女性から聞いた話です。 風俗店は、男性が性欲を発散する店のためいろんなお客が来ます。 A店で働く女性は、1週間に4日ほど勤務してお金を稼いでいました。 A店には...
ある殺人アパートで起きた心霊体験(兵庫県神戸市)
安いアパートに驚く友人 友人は、一人暮らしを始めるため不動産屋へ行く事になります。 家賃を5万円以内の物件を探していると伝えると、2DKで家賃2万5000円のアパートを不動産屋から紹介されます。 友人は、「築が古すぎるから安い...
神戸市のひよどり台にあるお墓の心霊スポットです。
神戸市のひよどり台というところに、幽霊が出たり火の玉が見えたりする恐怖の心霊スポットがあります。 そこは昔からお墓が建てられているので、遊び半分で見に行ったりしたら霊がとりつくとも言われています。 自分の周りに不幸が起きたり自分...

コメント

タイトルとURLをコピーしました