寝室の天窓から降りてきた黒髪の幽霊

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

「幽霊」と聞くと、廃墟などの心霊スポットや夜中の公園、

墓地などで出てくるというイメージがあります。

しかし、身近な場所でも幽霊が見えることがあります。

小学生の頃、私は天窓のついた寝室で寝ていました。

いつもは二段ベッドで弟と一緒に寝ていたのですが、

ある日、弟が友達の家に泊まりに行き、自分1人で寝ることになりました。

その日は、天窓から満月が綺麗に見えたので、しばらく窓越しに夜空を眺めていました。

そろそろ寝ようかと思った矢先、急に視界に覆いかぶさるように黒い物体が降ってきました。

当時小学生であった私は、すぐに視線を外し、布団に伏せました。

そして、恐る恐る顔を上げてみると、なんと二段ベッドのハシゴのそばに、

長い髪をした女性が立っていたのです。

あまりにも鮮明に見えたので、最初は本物の人がいるのかと思いました。

しかし、その考えはすぐさま覆りました。

驚きで一瞬目を閉じた瞬間、その女性は寝室の入り口まで移動していたのです。

足音も何もしなかったので、ここで「この人は幽霊だ」と感じ、震えてしまいました。

声を出して両親に助けを求めましたが、うまく声がでません。

幽霊からは何もしてきませんでしたが、恐怖のあまり、

この場から早く逃げたいという思いに駆られました。

しかし、逃げ道は幽霊が前に立っている入り口しかありません。

そこで、意を決して入り口を突っ切ることにしました。

目を閉じて、腕をぐるぐると回転させながら幽霊に向かっていき、

入り口のドアを開けました。開けた後、後ろを振り向くと、

女性の幽霊がじっと私を見ていました。

私はすぐにドアを閉じて、両親のもとへ向かいました。

両親に幽霊のことを伝えましたが、相手にしてもらえませんでした。

寝室へ戻されそうになりましたが、頑なに拒否して、

その日は両親の寝室で寝させてもらいました。

翌日、母親と一緒に恐る恐る寝室に向かうと、昨晩いた女性はそこにいませんでした。

弟にも幽霊が出たことを話しましたが、「幽霊なんているはずがない」と一掃されてしまいました。

しかし、私の中では、あまりにも「はっきり」と姿が見えたので、

それを現実として捉える以外、整理することができませんでした。

その日以来、私は天窓を見ないようにと、横向きになって寝るようになりました。

天窓がある場所に行くと、直視するのを躊躇ってしまうぐらい、

「幽霊を見た」という記憶が鮮明に焼き付いています。

タイトルとURLをコピーしました