元バレー選手川合俊一さんが出会った外国ヨーロッパの怖い話

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

外国遠征で起こった不思議な体験

元バレー選手の川合俊一さんは、現在タレントとして活動しています。

現役時代、長身で甘いマスクであったため女性からモテた名選手です。

そんな川合俊一さんは、プロ入り後国内はもちろん、日本代表として外国でも試合を行いました。

この体験は、遠征中、川合俊一さんのチームメイトに降りかかった恐怖になります。

ある年、川合俊一さん以下日本代表チームは、ヨーロッパの外国で強化試合を行うため渡航します。

宿泊所は、普通のホテルになり選手一人ずつ部屋に泊まる事になりました。

しかし、ある一人の選手が部屋に入った瞬間、

「この部屋、気味が悪い。霊気がすごい」と、言い出します。

部屋は、至って普通の感じですが、壁に瞼が腫れ上がった女の子の絵画が飾ってあります。

一人の選手は、この部屋に泊まる事を嫌がったため、代わりにマネージャーが宿泊をします。

マネージャーの顔が、醜いお岩のようになっていた

その日、川合俊一さん以下チームメイトは、ホテルにそれぞれ宿泊をして明日の試合に備える事になりました。

そして、朝になり朝食を食べるため選手たちは、部屋から出てきました。

その時、マネージャーの顔を見た川合俊一さんは、驚きビックリしてしまいます。

ある選手の代わりに、気味が悪い部屋に泊まったマネージャーの顔は、お岩のように両瞼が腫れ上がっていました。

この部屋に飾っていた絵画の女の子のように、ボコッと目を塞ぐように垂れ下がっているのです。

川合俊一さんと数人は、マネージャーが泊まった部屋へ入り、この不思議な出来事を確認する事にします。

すると、絵画を外してみると、壁にお札が貼り付けてあったみたいです。

マネージャーの瞼が腫れ上がった原因は、結局分からずじまいですが、

ホテルは不思議な体験や心霊に遭遇する事が多く気を付けるべき場所と言えます。

タイトルとURLをコピーしました