なんばオリエンタルホテルで幽霊に遭遇した心霊体験

スポンサーリンク
ホテル
この記事は約2分で読めます。

大阪なんばにあるオリエンタルホテルは、

千日前デパート(今はビックカメラ難波店)の火災とともに密かな心霊スポットとして知られています。

千日前デパート火災は100人以上もの死者を出した有名な事故なので幽霊の噂が出るのは自然ですが、

なぜ、近くにあるオリエンタルホテルまで幽霊の噂があるのでしょうか。

実はそれには明確な理由がありました。

千日前自体がいわくつきの場所なんです。

なんばオリエンタルホテルは心霊現象が起きて当然なのです。

なんばオリエンタルホテルは火葬場だった

これは刑場・焼き場のあった江戸時代の千日前周辺地図です。

そしてこの画像は現在の地図に昔の刑場・焼き場の場所を重ねた地図です。

千日前デパート(今はビックカメラ難波店)は「西墓地」の上に建てられたものだとわかります。

そして、なんばオリエンタルホテルは「焼場・祭場」の上に、千日前二番街は「灰山」の上です。

灰山とは焼かれた人骨が積み上げられた場所です。

なんばオリエンタルホテルで数え切れないほどの死者が焼かれ、

千日前二番街のあたりに無縁仏や墓の工面が出来ない人の死体が埋められました。

この辺りの建設にはおびただしい数の人骨がでるので掘るのに苦労したと聞いたことがあります。

建設に携わった人大丈夫だったんでしょうか・・・。

ちなみに、なんばオリエンタルホテルが立つ以前は、大劇名画座という映画館でした。

なんばオリエンタルホテルでの心霊体験

ちょっと昔の話ですが、

ビートたけしが

「なんばグランド花月劇場」で公演した時に泊まったホテルで心霊体験をしたそうです。

その話の中ではホテルの名前は伏せられていましたが、

実はそのホテルがここなんです。

千日前の幽霊ホテル・・と聞けば地元の人は間違いなく

「ああ、あそこやな」

と思い浮かべる場所だそうです。

【ビックカメラなんば店の幽霊】千日前デパート火災の心霊体験談や怖い歴史
ビックカメラなんば店は繁華街にあり毎日大勢のお客さんで賑わっています。 にもかかわらず、心霊スポットとして見られていたリ、 ビックカメラなんば店の前にはタクシーが止まらない、幽霊をみたなどの噂もあり、 怖い話には事...

コメント

タイトルとURLをコピーしました