「ムラサキ、ムラサキ」全てのものが紫色になる怪現象の話

スポンサーリンク
「ムラサキ、ムラサキ」全てのものが紫色になる怪現象の話 北海道

亡くなった祖母の実体験です。

祖母は日本舞踊の教室を持っており、

着物をよく購入していました。

奇妙な体験が起きたのは年に一度、

大きなホールで日本舞踊の舞台を行う前の事です。

祖母は毎年このために、

時代劇ものの舞台を創作していました。

「織田信長」などの自決シーンなど、

異常に表現豊かで好評を得ていたことを覚えています。

それがその年は、

とある合戦物語を題材にしていたのです。

合戦の物語を考えていた時、

祖母がある日起きると奇妙な声が聞こえました。

それは祖母の耳元でこう言ったそうです。

「ムラサキ、ムラサキ」

その声を聞いて起きた祖母は、

視界に広がる光景を見てびっくりしました。

全てのものが紫色に見えるのです。

ちょうど、セロファンで目を覆ったときと同じように、

すべての世界が紫で染まっていました。

慌てた祖母ですが、眼科に行ったものの異常なし。

信号機の区別がつかず、当時はとても困ったそうです。

数日して、祖母が着物に袖を通したときに、

突然視界が明るくなりました。

紫色がなくなったのです。

今まで通り見えていた世界が広がりました。

一体どうしたことだろうと、

祖母は不思議に思いました。

ですがすぐに理由はわかりました。

その日着用した着物の色は、

紫色だったそうです。

その後も、

しばらく紫色の着物を身に着けていないと

視界の色が変わるという現象が続きました。

その内に着るのを忘れていると、耳元でまた

「ムラサキ、ムラサキ」

の声が聞こえたそうです。

舞台は無事に終え、

合戦物の舞台が終了するまでその現象は続きました。

今はその紫の着物は裁断され、

布を一部私が持っています。

祖母が形見の着物と一緒に出てきた?/死んだはずの母が帰ってきた
祖母が形見の着物と一緒に出てきた? 今からおよそ35年程前、私は20代前半で自宅住まいでした。 子どもの頃に一緒に暮らしていた祖母は、その時は既に死亡していたのですが、 形見の着物をタンスに仕舞いっぱなしだったので、たまには虫...
僕の夏休み。着物の女の正体は。(祖母の家の2階編)
小学生の頃はお盆、正月などよく母の実家に泊まりに行ってました。 その中で不思議な話があったのでここに書きます。 小学3年生のお盆、いつものように母の実家に泊まりに行きました。 実家の間取りは1階にリビング、そこから長い廊下...
座敷童の出るマンション(京葉線新浦安駅)
その頃私は単身赴任中、東京で勤務をしていました。 単身赴任ということもあり、仕事が終わると同僚から食事に誘われることもしばしばありました。 お酒はどちらかというと弱くはない方なので、泥水することはありませんでした。 その日...

コメント

タイトルとURLをコピーしました