軽井沢のイルミネーションを見に行った時の怖い体験談(教会とその付近の池)

スポンサーリンク
軽井沢のイルミネーションを見に行った時の怖い体験 神社
この記事は約3分で読めます。

10年程前のことです。

12月の中旬、私と当時の彼氏と二人で軽井沢の大きな教会で行われている

イルミネーションが綺麗だという話を聞いて、車で向かうことにしました。

教会の電話番号をネットで調べて、

カーナビに設置して、出発しました。

イルミネーションが綺麗なようにと、

日が落ちてから向かったので20時くらいだったかと思います。

その協会は旧軽井沢から少し離れた森の中にあり、

人影のない道を走ることはわかっていたのですが、

20分走ろうとも、30分走ろうとも到着しない。

そして、だんだん道が細くなっていくのです。

確か、軽井沢駅から車で20分かからないとネットに書いてあったはずなのに、

だんだん二人の会話もなくなってきてしましました。

しかし、カーナビは道を案内し続けます。

「左に曲がる」とカーナビが言えば、必ず左に道はありますが、

もう舗装もされていないような道で、

土がむき出しの、獣道のような道です。

「こんなところに教会ないよね」と

私はもう一度ネットで調べた住所と電話番号を取り出し、

今度はカーナビに住所を入力しました。

すると、カーナビはこのルートが正しいかのように続きの案内を始めます。

「正しいんじゃないの?」と彼もアクセルを踏みます。

カーナビに案内された通りの獣道を進んでいたら、

突然「ミシミシっ」という音とともに森だった視界が広くなりました。

よく見ると、目の前に池が広がっています。

私たちは池が下に広がる崖に来てしまったのです。

二人とも気が動転しながら、

彼がなんとかバッグして、池に転倒せずに済みました。

カーナビには池の姿がありません。

そして、言い続けるのです。

「この先、直進です。」と。

カーナビに導かれた先は・・・熱海近辺の高速道路から降りた下道
私が実際に体験した話ですが、 高校生の頃に家族で旅行に出かけたときのことでした。 毎年、夏休みは必ずどこかへ旅行に出かけていました。 旅行の時は、父が運転して車ででかけることがほとんどで、 その時の旅行も車で行きまし...
カーナビの誘い、不思議な体験(青森県内の池と森がある公園)
私が大学に通っていた頃、バイト先で恋人が出来きました。 私とは別の大学生でしたが、バイト終わりによく会っていました。 バイトはアパレルで閉店後も整理品だしなどあり、夕方から夜11時頃までかかっていました。 あの日も彼と会う...

コメント

タイトルとURLをコピーしました