沖縄の本島の万座毛ビーチで写真を撮っていたら…

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私の先輩が体験した話です。

先輩は友達と4人で沖縄に旅行に来ていました。

泊まっているホテルから近い万座毛というビーチで海水浴をしたり、パラセーリングをしたり楽しみました。

お盆明けて少し経った9月でしたが、旅行や海水浴に来てた方はまずまずいて賑わっていたそうです。

青い空と透明度の高い綺麗な海に友達とおおいに遊んではしゃいでたくさん、スマートフォンで写真を撮りました。

自撮りで先輩と友達と写真を撮ってビーチで見返してみると、

スマートフォンで撮った写真の画像の先輩の下に女の人の顔がハッキリと写っていて、

思わずキャーと悲鳴をあげて慌てて消去したそうです。

本当にハッキリと、普通に写っているのでビックリしたそうです。

その後も怖かったですが、変わらずに遊び夕方になりホテルに戻ったそうです。

夕ご飯とお風呂を終えて、今日撮った写真を皆で見返して振り返ろうという事に。

それぞれ携帯の画像をアップルのフォトスライドショーにつなぎ、テレビで上映会をしました。

すると、一人の友達が一枚の写真で「ちょっと止めて!」と言ってその後「皆みて!」と写真を指差しました。

そこには、4人でビーチで写真を撮ってるバックの海の中から鎖で繋がれてる手だけ写っていたそうです。

その後も何枚か心霊写真があったそうです。

ホテルのフロントの人に聞くとこの辺のビーチは、戦争中に捕虜として亡くなった方が多くいるところで時々写り込んでしまうことが多いとのことでした。

翌朝、近くの神社で念のためお祓いをしてもらい、その写真は削除して無事に旅行は終わりました。

楽しかった旅行ですが、初めての心霊写真に怖かったそうです。

何で遊泳禁止?中河原海岸の水難事故と女神像の場所【三重県津市】
長閑な地域の海岸では、 地元の人々には海水浴場を意識しなくても海で遊ぶという感覚があります。 そんな地元民でも守る"いわくつきの"遊泳禁止の海岸があるそうです。 三重県の県庁所在地、津市にある国立大学から程近い中河原海岸です。...
タイトルとURLをコピーしました