座敷童?北海道網走の観光ホテルに宿泊した時の恐怖体験

スポンサーリンク
北海道

《宿泊したホテル》

家族3人で旅行していて、今日宿泊するホテルに着き、

道路から見上げると少し古びた雰囲気でしたが、しっかりとした建物でした。

旧館と新館がある作りです。

案内された部屋は和室です。

入口入ってすぐ右側に和風な作りの姿鏡が目に入ってきました。

それを見た瞬間、イヤな感じがしました。

ちなみに私には霊能力はありません。

食事場所は新館から休館に移動するようになっており、

ややこしい印象でしたが夕食はカニ料理づくしでとても豪華でした。

《就寝中に恐怖体験》

布団は3つ横に並べて敷いており、私は部屋の入口近くの端に寝ました。

寝てどのくらい経った頃でしょうか、ふと頭の右側あたりから畳を歩く音が聞こえてきました。

主人がトイレに行くのかな?って思った瞬間、

私の布団の上が急にドスンと重くなったんです。

オバケが乗っかってきたんだとわかりました。

その時、目を閉じていたのですが本当に誰か乗っているのか確かめたくて

薄目で見てみたけど何も見えませんでした。

ずっと重いままで首でも絞められた怖いので、

心の中でお経を必死に繰り返し唱えて2分ほど経つと重みは消えてなくなりました。

もうそこから怖くて汗が滝のように流れ続け寝付けず、

ようやく朝方少し眠りにつくことが出来ました。

《撮影したビデオにも怪奇現象》

前日に部屋でビデオ撮影しており、

再生してみると画像には光の玉オーブが何個か写っていたり、

パキッパキッというラップ音が入っていて、ビデオの中でも怪奇現象が起きていたのです。

それを見た時恐ろしくなりました。

霊が家までついてきたらどうしようって本気で思っていてビクビクしてましたが、

家に帰ってから一切何も起こらず安心しました。

後で思ったのですが布団の上に乗っかってきたのは重みからして、

大人ではなく子供だったんだではないかと思います。

もしかしたら座敷童だったのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました