夜中に道端で誘導棒を回す人影(宮崎県の山道)

スポンサーリンク
夜中に道端で誘導棒を回す人影 所在地
この記事は約3分で読めます。

これは、知り合いが体験した お話です。

5年程 病院に勤務しており、

その日は準夜勤をして夜中に帰宅していた時に体験した不思議な出来事です。

仕事(準夜勤)を終え、深夜2時頃にいつも通り慣れている山道をスクーターで帰っていたそうです。

ふっと気が付くと右側の歩道の辺りで、工事関係者と思われる人影が誘導棒を回していたそうです。

『ご苦労様です。』と、知り合いは軽く頭を下げたそうですが、何故か工事関係者の人の顔は見えず、、、

夜中という事もあり、顔が見えない事もあるかなと、

あまり気にもせず そのままスクーターを走らせていたそうです。

山道の途中にさしかかった時に、どこからか霧が出てきたそうです。

すぐに道は、全くといっていい程 何も見えなくなり、

スクーターのブレーキはきかず止まる事も出来なくなったそうです。

知り合いは、『このまま死ぬのかな』と、思ったそうです。

その時、霊能力が強いという先生に以前、会った時に

『亡くなった旦那さんが守護霊で、あなたを守ってくれています。』と、

いう言葉を思い出し『お父さん 助けて。私を守ってください。』と、

心の中でお願いをしたそうです。

すると その後、すぐに何もなかったかのように霧が、

ぱっと晴れ スクーターのブレーキもきいて止まる事が出来たそうです。

よく考えてみると、工事関係者の人が立っていた所は工事をしていた形跡、

その他の工事関係者もおらず、その人が立っていた所には

ライトすらなかった事を思い出したそうです。

ライトも無いのに、その工事関係者の霊が知り合いには見えた事で

連れていかれるところだったようです。

しかし、守護霊で亡くなった旦那さんが守ってくれた不思議な体験だったようです。

山奥に突然現れるトンネルであることをすると…(宮崎県佐土原市)
【心霊スポット】 宮崎県をイメージすると太陽が燦々と照り輝いているように思うが心霊スポットは沢山あります。 その中でも一躍有名なスポットが佐土原の山奥にあるトンネルであります。 山奥なので目印になる建物などがあまりないため...
神隠しの伝説が残る山(宮崎県高千穂町)
神隠しとは ある日、なんの前触れもなしに人が行方不明になってしまい全く見つからなくなってしまうという現象を神隠しと呼びます。 多くは山や森などで忽然と人が消えてしまう為に、神の仕業ではないかと言われてきたことに由来しそう呼ばれるよう...

コメント

タイトルとURLをコピーしました