地元の隠れた心霊スポット、宮城県のとあるイオン(旧ジャスコ)

スポンサーリンク
宮城
この記事は約2分で読めます。

私が住んでいる町には昔から心霊スポットが複数あります。

ほとんどが都市伝説のようなもので下半身のないおばあさんが出るとか、武士が出るといったもので誰も見た事がないのがほとんどに例でした。

しかし、勤めた会社でも「出る」という噂があったんです。

場所は宮城県のとあるイオンです。

二階建ての建物で三階は屋上駐車場になっている田舎のイオンの典型的な作りです。

私が勤務をはじめて半年ほど経った頃、そのイオンで飛び降り自殺がありました。

知っている限りでも三例目でした。

その前から霊感のある一部の社員の間では有名な幽霊がいたらしく、それが「家族連れ」だと言うんです。

父、母、子供が二人という家族構成(?)でした。

全員が一緒にいるわけではなく、バラバラに現れるそうで、

私はその女の人と初めて出会う事になります。勤務して3年がたった頃でした。

社員食堂で休憩をしていたのですが、時間帯が遅かったので休憩している人は誰もいなくて真っ暗の食堂で自分のテーブルだけ電気を点けてテレビを見ていました。

そこに、何かのニュースを見に来た男性上司が数人来てほんの数分間賑やかでした。

私は去り際の上司と軽口を叩いてふざけていると、近くにあったマッサージチェアが目に入りました。

何となく目に入ったものの、気になって数秒見つめてしまったんです。

すると、髪の毛の長い女性が物凄い勢いで私の側に覆いかぶさるようにきたんです。

私は恐怖で、すぐに人のいる喫煙室に逃げ込みました。

その霊を見た人は他にもいて、自宅に着いてきてしまったそうでテレビが砂嵐になってしまったそうです。

タイトルとURLをコピーしました