四天王寺から連れて帰ってきてしまった。母の寝室にて

スポンサーリンク
お祓い・除霊
この記事は約3分で読めます。

私の母の心霊体験の話です。

私が20代の頃に

私の父方の祖母が病気で亡くなりました。

父は母一人子一人という環境で

育ってきており、祖母の自宅は四国で

父や私たち家族は関西に住んでいるので

祖母のお墓をどうしようか悩んだ末に、

お墓参りなどの事も考えて、

お墓を建てずに大阪にある四天王寺さんに

納骨することにしました。

当時私は仕事が多忙で忙しく、

祖母のお葬式以外は

何も関与することができなかったので

母から「祖母の納骨に四天王寺さんに行く」

という話だけを聞いていました。

納骨を無事済ませた日の翌日、

たまたま仕事が休みだった私は

朝リビング朝食を取っていると、

母が青ざめた顔で寝室から出てきました。

顔色が悪かったので

「どうしたの?体調が悪いのか?」

と聞くと。「出たよ。」と一言。

またか。連れて帰ってきたのか。

とその一言でわかりました。

母はもともと霊感がある方で、

昔から度々金縛りにあったり

感じてしまったりする人でした。

昨日祖母の納骨にいった際に、

お寺から沢山の霊魂を連れて

帰ってきてしまったらしいのです。

母は昨日のよる就寝している時に、

なんだか寝苦しさを感じ少し瞼を開けると、

布団が重くなっていることに気付きました。

とっさに何かが布団の上に乗っていると気付いた母は、

パッと布団の上をみると、沢山の子供たちが、

母の布団の上でぴょんぴょん飛び跳ねて

遊んでいたらしいです。

怖くなった母は

「自分のいた場所に帰りなさい。

私は何も助けてあげられないよ。」と

心の中で何度も何度も念じ続けると

次第に布団が軽くなり

子供の霊は消えていったと言っていました。

なんとも恐ろしい話。

私の部屋は母の寝室の隣だったので、

その話を聞いてかしばらくは

毎日怖くて眠れませんでした。

祖母が形見の着物と一緒に出てきた?/死んだはずの母が帰ってきた
祖母が形見の着物と一緒に出てきた? 今からおよそ35年程前、私は20代前半で自宅住まいでした。 子どもの頃に一緒に暮らしていた祖母は、その時は既に死亡していたのですが、 形見の着物をタンスに仕舞いっぱなしだったので、たまには虫...
お葬式の後は塩をしっかり撒いてから家に入ろう
これは実際私が体験した話です。 お葬式が終わって家にはいるときは、体に塩をまく。という行動をしますよね。 私はお葬式のあとすっかり塩のことなんか忘れて疲れはてて家のなかに入りました。 家に入ってから塩を思い出したのですが、...
繰り返される着信。ちょっとした恐怖体験をしたときに霊感のある友人が教えてくれたこと
事の発端 私が高校三年生の頃、スマートフォンが発売されたがまだあまり普及していなくて、 私自身もガラパゴス携帯だったのですが、そんな私の携帯に 非通知の番号から不在着信と留守番電話が入っていました。 着信の入っていた日に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました