事故車に憑りつかれた?訳ありの安い中古車

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

知り合いのおじさんが60歳を過ぎてから運転免許証を取りました。

60歳を過ぎてから免許何てと知り合いの人達は噂をしていたのですが、めげずにとうとう合格してしまいました。

最初は怖がっていたのですが、近所に良い車屋が在るとの事で暫くしてから中古のセダンを買ってきました、

その値段が余りに安いので、此の車は何か在るのではと聞くと、訳ありと言う事でした。

訳ありと言えば思い付くのが事故車です。

辞めた方がいいよと、周りの人は言っていました。

おじさんはそんなの関係ないと笑っていた事を思い出します。

最初は誰も乗らなかったのですが、仕事でどおしても乗らざる負えなくなり、

乗った時の事、初めに事故車と聞いていたので余り良い気持ちではなかったのですが、

暫く走るといきなりブレーキを掛けて後続者から警告音を鳴らされました。

話を聞けば車の前に誰か居たのでとの事でした。

こんな大通りで人など居るはずも無く、何だか嫌な気持ちになり車の中を見渡して見ました。

当然何もなく、その日は帰って来たのでした。

良くあんな車に乗れるものだ、ひょっとしたら人身事故をしているかも知れない車です。

1年半ほどするとやたら事故を起こしてしまい、早く新車でも買った方がいいのにと思っていた頃、

駐車場でトラックが邪魔で駐車出来ず、何を思ったのか荷台に上がり荷台と荷台を跨いでいたそうです、

そのうちの一台が走り出し荷台から転落して脊髄骨折で入院したのですがそのまま亡くなってしまいました。

亡くなってからの噂話ではあの中古車に取りつかれてしまったのではないかと言う事でした。

車は身内の方が処分したそうです。

亡くなるまでがアッと言う間だったのでやはり訳あり中古車のせいなのかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました