ホテルの中に消防車!?(北海道の古いホテル)

スポンサーリンク
ホテルの中に消防車!? ホテル
この記事は約2分で読めます。

知人から聞いた話。

古いホテルに泊まった時のこと。

そのホテルは古い木造2階建て。

外から見えると狭く見える。

でも中に入ると迷路のように複雑な間取りになっている。

室内は、シミだらけの木の天井、

暗い灰色の砂壁、黒い配色の床は、歩くとミシミシ鳴り、薄暗い、

今にも切れそうな白熱灯で、蜘蛛の巣も張っていて見るからにお化けが出そうな場所である。

夏休みシーズンだというのに他の客の気配すらない。

静けさが余計不気味さを感じさせる。

知人とその友達は好奇心で、ホテル内の探検を始めた。

古い細い廊下は歩いても歩いても道があり、

曲がっても曲がっても道が続いている。

不思議だ。

こんなに広いはずないのに、、。

途中で疲れ、障子張りの電気がついている部屋をそうっと開けた。

管理人さんでもいるのかな?と思い中を見ると、、。

そこには目をうたがう光景があった。

ホコリまみれになっている消防車が、和室の畳の上に停まっていると言う、

あまりにもミスマッチの光景が目に飛び込んできた。

え?どういうことだろう?

管理人さんの趣味なのかな?

でも和室に消防車って不思議だと思いながらも、

雰囲気が不気味な為、落ち着かず、

その部屋を後にして自分の部屋に戻り、消灯した。

次の日の知人と友人はあの消防車のことが気になり、

また見に行くことにした。

昨日、あれほど、長かった廊下があっという間に行き止まりになり、

道を間違えたかな?と思い、ホテルの受付に戻った。

それとなく管理人さんに、消防車のことを聞いてみると、

「なんのことですか?部屋の中に車を停められるわけがないじゃないですか?しかも消防車って笑」

と笑われた。

管理人さんが何かを隠してると思い、

再び消防車の部屋を探してみたが、

二度と辿り着くことはできなかった。

知人とその友人はしばらく恐怖で動くことができなかっだ。

そして、あの消防車は知人に何を知らせたかったのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました