お葬式の後は塩をしっかり撒いてから家に入ろう

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは実際私が体験した話です。

お葬式が終わって家にはいるときは、体に塩をまく。という行動をしますよね。

私はお葬式のあとすっかり塩のことなんか忘れて疲れはてて家のなかに入りました。

家に入ってから塩を思い出したのですが、

「ま、いいか。」と気にせず喪服を脱ぎすて、お風呂に入りました。

湯船に浸かってのんびり携帯をいじっていると、なんか視線を感じる。

しかしその日家には私と犬しかいなく、

「どーせ、犬が覗いてるんでしょ」くらいに思っていました。

風呂の扉を開けて確認するも、犬の姿はなく、「気のせいか」と頭を洗い始めました。

私は頭を洗うとき目をつぶっているのですが、頭を洗い流す時、

シャワーを手に取るのにちょっと薄目を開けたら鏡に映る私と、何かの黒い影。

ゾクッとしたものの、ここはやはり

「年のせいで飛蚊症にでもなったんでしょ‥」と強く思い込み頭を洗い流しました。

風呂からあがると、犬が一点をじーっと見つめて立っていました。

時おり吠えたりもしながら。

「虫かなんかでしょ」とゾクゾクしながら自分に言い聞かせ、早めに寝ることにしました。

なんか今日は怖いなと思いながら布団に入りいつの間にか眠りに落ちていました。

真夜中、一緒に寝ている犬が突然、ワンワン!と大きく吠えて走って逃げていきました。

「?なんだ!?」と思った瞬間、私の上に黒い人影がどさっと乗ってきて、

見た目は黒いのに目だけはある。そんな影でした。

パニックになりながらも「私じゃ何にも出来ないからどっか行ってください!!」

と叫ぶと影は消えていきました。

慌てて飛び起きて家中塩を撒き散らし朝まで電気をつけたまま寝ました。

その後なにも起こりませんでしたが、やはり葬儀場から何か連れて帰ってきてたのに、

家にはいる前に塩を撒かなかったせいで家に入り込んでいたのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました