高校生の頃、京都北白川の狸谷山不動院で怖い経験をしました

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私は大学に入るまで、京都に住んでいました。

神社仏閣が数多くある街ですので、さぞ心霊現象などは日常茶飯事なのだろうと思う方もいるかとは思いますが、

実際のところ、私の人生に置いて、怖い思いというのは全くと行っていいいほど縁がありませんでした。

高校卒業して春休みに突入した頃、友人とせっかくだから最後に肝試しでもしてみようと、ありがちな提案をされました。

目的地は狸谷山不動院(たぬきだにやまふどういん)。正確にいうと北白川の狸谷山不動院から入れる山奥まで深夜3時頃に行きました。

ここは平安京に都があった頃、 桓武天皇が鬼門とし、霊災を沈める目的で色々と物議を醸し出した場所だそうです。

私は男友達1人と女友達1人、計3人で向かいました。

たぬきの置物が大量にあることは知っていましたが、これは怖い。

「なんか出そうだねー」

「雰囲気あんじゃんこわー。」

と最初はのんきにおしゃべりをしていたんですが、突然

ドゴおおおおおおおん

という音がなりました。

爆発音でもないし、そもそもそう行った爆発するようなものは近くにありません。

私たちは怖くなりました。

突然、友人の女性が倒れこみ、時代劇っぽいと言いますが、

現代日本語ではない日本語を話し出しました。

それは本当に怖く、私たちは彼女を抱えて走って山をおりました。

3日程度おかしな状態が彼女には続いていましたが、いつのまにかけろっと治っていました。

あれはなんだったんでしょうか。

10年以上経った今でも全く原因はわからないままです。

それに、何が怖いって、彼女、キツネに対して憎むようになったからなのです。

【笠置観光ホテル】廃墟での心霊体験談。松竹芸人の肝だめし動画や入り方
笠置観光ホテルの廃墟は有名な心霊スポットとしてその名を轟かせています。 このホテルが心霊スポットとして有名になったのは、 オーナーが謎の自殺、度重なる火災、 そして過去に芸人が肝試して撮った映像に女性の霊が移りこんでいた?...
タイトルとURLをコピーしました