耳元で女の人の笑い声が聞こえた(風俗・デリヘルで働いていたときの体験)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは実際に体験した話です。

私は昔風俗のお店で働いていました。

派遣の風俗だったためにいろいろなホテルに行くことが多かったんですが、

よくホテルは出るという噂を聞いたりもしてましたが、

実際そんなことないだろうと思っていました。

しかし、ある時呼ばれたホテルに行くと、そこは築年数も古めでいかにも出そうな所でした。

霊感が全くない私でしたが、このホテルは出そうだなと思いました。

部屋に行くまでも怖くて怖くて入りたくなかったのですが、仕事なので渋々行きました。

部屋に入るとパイプベッドがあり小さなテレビがある、こじんまりしたホテルでした。

早く帰りたかった私はさっそくお風呂に入ることにしたのですが、

ユニットバスでだいぶ狭かったので1人は浴槽、私は浴槽からでて体を洗うことにしました。

最初は普通に話をしていたのですが、いきなり耳元で女の人の笑い声が聞こえてきたのです。

私は「え、、?」と思い、振り返りましたがもちろん誰もいなかったのです。

テレビでもつけてその音が聞こえてきたのかなと思い、

もう1人の人に「テレビついてる?」と聞いたら、「いや、つけてないよ。」と言われました。

私は一緒にいた方に「今さっき、耳元で女の人の笑い声聞こえたけど、聞こえた?」

と聞いても、聞こえてないと言われて、

自分だけにその女の人の笑い声が聞こえたのだとわかり、ほんとに怖くなってしまい、

仕事も適当に終わらせて早々帰らせてもらいました。

その後は笑い声が聞こえることはなかったのですが、

あの女の人の笑い声はなんだったのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました