真面目な生徒の体験談|助けを求める弱々しい声(京都市内の墓地)

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

私は個人学習塾を運営しています。

その生徒の体験談です。

当時高校二年の女の子で、真面目だけが取り柄だと自分自身で口にする生徒でした。

実際中学三年間は皆勤だったそうです。

高校に入ってからも皆勤で、塾の方も週三回きっちりと勉強してくれて、休むことはありませんでした。

その生徒が9月末に塾を初めて欠席しました。

一週間分、塾を休み、その間学校もずっと休んでいたそうです。

一週間後に塾にやって来たその女の子に対し、どうしたのと尋ねると、

信じられないかもしれないけど本当なんですと言って、話してくれました。

お彼岸に父と母と私の三人でお墓参りに行ったんです。

何度も行ったことがあるお墓なのに、その日は何となく雰囲気が違ったんです。

いつの間にか、寒さで体が震えているんです。

でも父はまだまだ9月は暑いなあと言っていました。

一体どうしたのかと考えていると、突然耳元で囁く声が聞こえたんです。

助けてぇ、助けてぇ、と確かに聞こえてくるんです。

耳をふさいでも聞こえてくるんです。

お墓掃除をしているとき、お参りをしているときも助けてぇという声は途切れませんでした。

ただでさえ体調が悪く、寒気がしていたので、いつしか抵抗する気持ちも失せていました。

帰宅途中のことは記憶にはありません。

家に到着し、体温を計ると四十度近い高熱でした。

この熱のせいで寒気がしたんだ、ゆっくり休んで熱を下げないと、そう考えて眠りにつきました。

ところが翌朝になっても熱は全く下がらないままでした。

皆勤は途切れて、病院へ直行です。

どうやら風邪だろうね、寝てれば治るよとお医者さんに言われました。

それでもやはり熱は全く下がりません。

四十度近い高熱が3日ほど続いた翌朝、母の妹が偶然、我が家を訪れました。

幼い頃とにかく可愛いがってくれていた叔母です。

叔母は私の話を聞くと表情が一変しました。

すぐにそこに正座しなさいと、私を座らせました。

両手を握りしめて、合掌の状態にさせて、絶対に離したら駄目よときつく言うんです。

そして大きな声でお経を唱え始めたのです。

私の震えはどんどん激しくなり、顔面から大量の汗が流れ続けます。

すると耳元でまた声がしたんです。

「ありがとう、助けてくれて。」

その声を最後に、また記憶がありません。

でも次に目覚めたときには全くの平熱に戻っていました。

叔母さんは、何となく嫌な予感がして、京都に来てみたの、と言ってました。

霊は強い心を求めることが多く、あなたの心の強さに、きっと惹かれたのねと言って帰っていきました。

冗談さえ言わない生徒からの話だっただけに、私は今でも忘れられません。



タイトルとURLをコピーしました