煙の霊に見つめられて(母の実家2階)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

幼少期に聞いた話です。

母がまだ幼かった頃、叔父の部屋は母の私室だったそうです。

母は幼い頃、そこの2段ベッドの上に寝ていて、その時初めて金縛りを経験した、と言います。

ある日、母は真夜中にふと、目を覚ましました。

喉が乾いたので、下に降りるために起き上がろうとしますが、体が動きません。

どうしたのか、と思っていると休に体にずしり、と重みがかかり手足を拘束されたのがわかったそうです。

それと同時に、白いモヤのようなものが人の形を作り、その靄は、母の顔を覗き込むようにしていたそうです。

その日は怖くて動けず、そのまま意識を失ったそうです。

翌朝、母は、自身の弟2人と、自身の母親にこの事を相談しましたが、鼻で笑われたそうです。

スッキリしない気持ちのまま、母は学校に向かいました。

そして、それから、毎晩のようにそれは現れたそうです。

手足を拘束され、ずしり、と上からのしかかられ、顔を覗き込まれます。

しかも、その時間は少しづつ長くなりました。

その状況に、母も堪忍袋の尾が切れたのでしょう。

ある日、頭にきたので、こう言ってやったそうです。

「いい加減にしてよ!」

そう言いながら、手足を思い切りばたつかせると煙は霧散したそうです。

まだ怒りの冷めやらぬ母は、そのまま自分の布団を2段ベッドの上からおろし、床に敷き直して寝たそうです。

床に布団を敷くようになってからは、その煙と遭遇することはなくなり、母も結婚して家を出ました。

そして、ある日、生まれたばかりの私を連れて帰った際、

叔父が、かつて母がそうしていたように、床に布団を敷いて眠っているのを見て、確信したそうです。

「出たでしょ?」

そう聞いたところ、叔父は酷く驚いたそうです。

実家のマンションの廊下、いつ出会うのか、、
私の実家はマンションの2階なのですが、住んでいる部屋の玄関の外の廊下はいつも賑やかです。 私の住んでいる階とその上下に小学生はいないのですが、 夜中に明らかに子供の足音がパタパタと聞こえたり、 夏場の朝、廊下側の窓を開けて...
タイトルとURLをコピーしました