栃木県那須塩原市の古びた旅館での体験

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは、私が高校2年生の時に体験した話です。

その頃、私は剣道部に所属しており、よく合宿やら、地方に遠征に行ったりなど、

とても力を入れていた部活に入部していました。

私が高校2年生の夏、栃木県の那須塩原市で合宿がありました。

ただ、食事や寝泊まりなどする所は合宿所ではなく、古びた汚い旅館のような場所でした。

昔の記憶なので詳しくは覚えていないのですが、特に印象に残っているのは、

私を含めた4人部屋の部屋の窓際近辺にやたらと大きな鏡があった事です。

鏡を見た瞬間から、気持ち悪いなと思いました。

同じ部屋の同期の子たちと

「なんか嫌な感じだね。寝る時はバスタオルかけて寝ようね。」と話していました。

夜になり、私達は一通り食事やお風呂を済ませ、布団の敷かれた部屋でくつろいでいました。

そして、練習疲れもあり、いつの間にか全員寝てしまいました。

何時だったかは覚えていませんが、私は暑くて目を覚ましました。

電気は消えており、足下に置いてある扇風機が消えていたのでつけました。

ふと右隣を見ると、鏡がこちら側を向いている状態でした。

私はバスタオルを掛け忘れてしまったことを思い出しました。

何故かそれだけで、ゾッとしたことを覚えています。

私は、みんな寝ているので、電気を付けたら悪いと思い、

暗闇に目が慣れてきた頃、急いで近くにあったタオルを鏡に掛けて布団に戻りました。

そして横になり、鏡の方向を見ると、女性の足のシルエットが見えるんです。

暗闇で、暗闇よりも暗い足のシルエットなので、

それが何故女性の足とすぐ判断出来たのかは分かりませんが、確かに女性の足でした。

隣で寝ている子を起こそうと思っても、体は動かなくて、

視線もその女性の足から目が離せなくなっていて、怖くて怖くて仕方ありませんでした。

気がつくと朝でした。

昨晩の事は、夢だったのか現実だったのか全く分かりません。

ただ、同期の子にその出来事を話すことも、当時の私はしませんでした。

唯一救いだと思ったのは、その旅館での宿泊が一泊ですんだとゆうことです。

今でも時々思い出して、あれはなんだったんだろうと思ったりします。

タイトルとURLをコピーしました