昼と夜が全く変わる公園(青森市 合浦公園)

スポンサーリンク
都市伝説
この記事は約2分で読めます。

1、合浦公園

私の地元、青森には合浦公園という場所があります。

国道と旧道に面しており、朝は通学する学生や、昼はお子様連れのお母さんやお年寄りで賑わいます。

施設内には動物も飼われており、一見すると何の変哲もない少し大きな公園です。

でも、その公園では何故か不可思議な報告も多かったんです。

私の高校時代にその公園を通って、通っていました。

クラスの人達があまり噂にするものなので、何度か視てみたんですが、それらしいものは感じませんでした。

でも、それは必ず夜やってくるのです。

2、花火

その日部活の後話し込んで帰りが遅くなりました。

すると知人の一人が、合浦公園で花火をしようと言いだしたんです。

その時は楽しさが優先して危機感など感じていませんでした。

合浦公園はビーチもあり、そこで花火をする事になったんです。

みんなで連なって公園に行き、そこで改めて気が付きました。

この時間、この公園に来たことないな・・・

道を通ることはあるんですが、ビーチまでは少し距離がありまして、そんな遅い時間に来たのは初めてでした。

街灯もなく、生い茂る松が逆に怖くて、素人目にも不気味な場所だったはずですが。

私は凄く嫌な予感がしました。

しかし帰るわけにもいかず、みんなで花火をしたんです。

3、ライト点かない

花火を終え、時間も遅いからと、それとなくみんなを急かして帰らせることにしたんです。

その時でした。

「あれ?ライト点かないんだけど」

友人の一人が自転車のライトが付かないと言い出したんです。

理由はわかっていたんですが、怖がらせる気もなかったので、そのまま急かしてみんなと帰りました。

その時私は確かに見てしまったんです

街灯もない海辺に浮かぶ無数の人影を・・・

そういえばあれはお盆の近くだったと思うんです。

小さい頃から、おばあちゃんが言っていました。

「お盆が近付いたら海には近付いちゃいけないよ」

あの夜見た人影と何か関係があったのでしょうか・・・

タイトルとURLをコピーしました