新聞にも取り上げられたことのある、タクシー怪談で有名な深泥池(京都市北区)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

【タクシー怪談が生まれたと囁かれる場所】

京都市北区にある深泥池は、読んで字のごとく池の底に泥が何層も蓄積していて、

古い池で長い歴史があるためか、木々に囲まれ昼間でも鬱蒼とした雰囲気の池です。

ここは怪談好きでなくとも何となくその概要を知っている、

『タクシー怪談』発祥の地とも言われています。

タクシー怪談は全国に点在するようですが、大体以下の通りです。

深夜、タクシー運転手が乗客を求めて車を走らせていると、

人気のない場所に一人でぽつんと、若い女性が立っているところに遭遇します。

こんなところに…と怪訝に思いながらも、運転手が車を停めて乗せるも、

女性は目的地を告げない場合が多く、告げたとしても『〇〇病院』だとか、

山の中にある『〇〇霊園』だとか、およそそんな時間に何の用事があって、

一人でタクシーで向かう必要があるのかわからない場所だそうです。

目的地を具体的に告げずに、『その信号を右に曲がって下さい』など、

乗ってきた女性の指示に随時従い運転させられるというケースも多いようで、

最終的な落ちは何通りかあり、いつまでも目的地を告げずうつむいている女性にしびれを切らし、

運転手が振り返ると女性が消えていて、後部座席がぐっしょり水で濡れていた、というものと、

女性が『ここでいいです。ありがとうございました』といって、自ら降りていくケースがあります。

【帰りたかった女性】

深泥池で有名なタクシー怪談は後者のケースで、ある家の前でタクシーを停め、

『財布を取ってきますので』と言って、女性が車から降りていきます。

待てど暮らせど女性が出てこないので、家のチャイムを鳴らすと、

中年の女性が出てきて、タクシー運転手がさっきまで乗せていた女性のことと、

運賃の話をすると、最初は怪訝な表情だった女性が、

『それは本当なのですか』と言って涙ぐみます。

聞けば、その家で亡くなった娘さんに特徴がぴったりで、

家ではまさに彼女のお通夜の最中で、

タクシーは亡くなった女性が家に帰りたかったのか、自宅まで導かれていたというものです。

新聞にも載ったほど有名な実話として、今も怪談好きの間では語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました