島根県東部にある高校で起きた実話

スポンサーリンク
島根県東部にある高校で起きた実話 学校

自分が高校生の時に体験した話です。

その日東部にある高校に三時間かけて練習試合に向かいました。

ただ練習試合が終わり帰り支度をしていると急な暴風雨に見舞われました。

そして帰り道の道路が土砂崩れのため通行止に。

その日はその高校に泊まることに。

高校に隣接する卓球部が昔合宿で使用していたという寮に、

野球部12人と顧問の計13人で泊まることに。

ただ明らかにおかしい。

部屋はとてつもなく広く畳。

廊下は150メートルほどの長さで薄暗い。

大浴場に関しては鏡が3つあるのだが全て合わせ鏡。

怖くなり自分達はみんな同じ大広間の畳の部屋で寝ることに。

夜中まで笑いながらみんなで話していると、

隣の部屋の顧問がふすまを開けうるさい、早く寝ろ。

そう言われました。

うるさいなあと思いつつ話を続けるとある部員3人ほどがうわっと言い耳を塞いだのだ。

どうした?と聞くとえ、今の声聞こえなかったの?と

他の部員に聞いても誰も知らないと。

ただ3人だけが聞いたのだ。

嘘つけと思い、なんて言ったのか聞くと

うるさいと言われただろって耳元で女に叫ばれたと。

顧問はいびきをかいて寝ていた。

どうしても信じられずにいると、

ある一人の部員が録音していると携帯を出してきた。

恋話をしていたのでいたずらで内緒で録音していたのだ。

恐る恐るみんなで聞いてみると、

その奇妙な声がしたであろう時間帯に

キーキッキーと爪を引っ掻いたような音の後フフッと甲高い女の笑い声がした。

気味が悪くなり自分達は寝ようとしたが、そこである一人の部員が異変に気付き叫んだ。

な、なんで俺らの話し声が入ってないんだよ。

そう、その録音した音声は甲高い女の声がするまでずっと砂嵐のような音だったのだ。

漁師の叔父が体験した怖い話(島根県大田市)
これは、私の叔父が実際に体験した話です。 私の叔父は漁師をしており、 海にまつわる不思議な話はいろいろと知っているようですが 海とまったく関係ないところで、まさかあんなに怖い目に合うとは。 思い出すと今でも全身に鳥肌...
川の生物調査、怖すぎる合宿体験(熊本県・立神峡)
これは、私が実際に体験した話です。 私は高校生の時に生物研究部に所属していました。 毎年夏休みには生物調査の合宿がありました。 1年目は山奥の廃校で、2年目は立神峡で 立神峡は自殺名所です。 もともと私は霊感は...
中国地方にある不思議なホテルでの出来事
印象に残っているのは、夜、眩しさで目が覚めたことです。 私は何故か「あれ、ドアを開けっぱなしで寝ちゃったかな、 廊下の明かりが入ってきた」などと思いました。 ホテルに来てドアを開けっぱなしにしたことなど一度も無いので、 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました