居酒屋バイトでのちょっとだけ怖い話

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

僕は居酒屋でバイトしていました。

僕の担当は焼き鳥を焼くことで、焼きあがった焼き鳥をホールのバイトが持って行く、という流れでした。

その居酒屋には、良く幽霊がいるとかそんな話がありましたが、全く見たこともない僕は信じていませんでした。

仮にいたとしても、お客さんもたくさんいますし、閉店後もバイトも店長もいるので、全く怖くありません。

しかし、一度だけですが、少し怖い思いをした事があります。

それは、いつも通り働いている時にあった話です。

その日はお客さんもそこまで多くはなく、

オープンキッチンのため、大体の客層は把握できていました。

サラリーマン、大学生ばかりで、家族連れはいませんでした。

いつも通り、焼き鳥を焼き、ホールの子に持って行ってもらうという流れでしたが、

ホールの子がさっきから子どもが邪魔して来ると言ってきました。

少し忙しくなってきていたので、子どもづれのお客さんが来たんだと思っていました。

少し落ち着き、ホールの子としゃべっていると、突然ホールの子が横を向き、

「僕何してんの?お母さんとこ行きや。」と言いました。

突然横を向き喋ったので、僕もそっちを向き見ましたが、そこには誰もいません。

こいつは何を言ってるんだと思い、テーブルを見渡しましたが、子どもづれのお客さんはいません。

ホールの子に「何言ってるん?子どもとかおらんくない?」と聞くと、

ハッとした顔をして「いや、何でもない!」と言い、仕事に戻りました。

仕事が終わったあと、気になって聞いてみると、

「オーダーとってる時とかに、服を引っ張られたりして、ずっと構ってほしそうな子どもがいた。」と言うのです。

しかし、僕が見た限りでは子どもはいなかったので、それってまさか?と思いましたが、

怖かった事もあり、その子もあまり聞いて欲しくなさそうだったので、それ以上は踏み込まなかったです。

真相はわかりませんが、少し怖かったので、投稿させてもらいました。

人が多いところにはよくいると聞きますが、大勢の中には人でないものもいるのではないか、と少し考えさせられた出来事でした。

タイトルとURLをコピーしました