小学生の時の北海道札幌市の滝野宿泊学習での体験です。

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私の通っていた小学校は小学5年生の時、毎年恒例で北海道札幌市の滝野という所で1泊2日の宿泊学習がありました。

いつも心霊写真が…と低学年の時から聞いていてそれくらいすごい噂になっていました。

なんだか怖いし行きたくないと言う生徒も多かったのですが、

先生方に言うとそんなの信じてるの?とか、嘘に決まっているでしょうなど真剣に考えてはいない様子でした。

何回か行った事のある先生もいましたが怖い思いをした事は無いと話していました。

いよいよ私達5年生が宿泊する時がやって来ました。

宿泊施設に入ると2段ベッドが沢山あり、自分の寝るベッドに荷物を置いている時も、古い建物だしベッドも錆びだらけだし、暗い感じだからかもと思いました。

外に行き滝を見に行ったり公園を散策したりして戻り、カレーライスを作ったりしている内に誰も噂話を思い出すような事はない感じで楽しんでいました。

カレーライスを食べ片付けたりした後、キャンプファイアーになりました。

皆で輪になって歌ったり踊ったりして盛り上がり、最後に記念撮影をするのに並びました。

その時、誰かが心霊写真が撮れるかも!と冗談で行ったのですが、目には見えないよね、

と皆それぞれ友達の肩を払うように叩いたり背中を叩いたりして、やっぱり居ないねと落ち着き二回写真撮影をしました。

夜部屋に入り風の音など聞いていると不気味だよね~と話していましたが、その内疲れて皆寝てしまいました。

次の日何も怖くなかったねと話をしながら帰りましたが、数日後出来上がった写真を見て悲鳴が飛び交いました。

記念撮影をした二枚目にきちんとあるものが写っていました。

3列に並んだ生徒の3段目の端に皆と並んでいるかのように炎の中に赤いジャージを来た私達と同じ年代位の女子がジッとこちらを見て写っていたんです。

私は怖くて買いませんでしたが、本当に霊はいるんだと目の当たりにした瞬間でした。

今はその建物は取り壊されて無いそうです。

まだあの土地にいるのかな?と思い出す時があります。

タイトルとURLをコピーしました