修学旅行の心霊体験|沖縄県の防空壕と某ホテル、連れて帰ってしまったモノ

スポンサーリンク
沖縄修学旅行での出来事(防空壕で使用していた洞窟) 沖縄
この記事は約6分で読めます。

これは、私が高校2年の頃に体験した話です。

当時私たちの学校は沖縄へ修学旅行に来ており、

戦争に関する資料館や戦時中人々が避難していた防空壕に行ったりしていました。

私自身防空壕に行くのは乗り気ではなく、先生に事情を説明して外で待っていました。

友達は私が多少霊感があるのを知っているため、

無理をしないようにと言って防空壕の中に入っていきました。

30分くらいして、みんなが戻って来た時、友人が気分が悪いと訴え、バスの方で休むことになりました。

多分、中の熱気でやられたんだろうと私は思っていましたが

今思うと霊障に当てられていたのではないかと思います。

余談ですが、資料館に行った時に私自身も霊気を感じて体調が悪くなってしまいましたが、

なんとか持ちこたえてホテルまで辿り着くことができました。

友人はホテルについた最初の頃は回復しており、元気に振舞っていましたが、

急に発熱をし、寝込んでしまいました。

なんだかおかしいと思い、呼びかけてみましたが、

ブツブツと何か言っており、私とほかの友人達で先生を呼びに行きました。

その先生も霊能力があるらしく、友人に呼びかけたところ

「変な幽霊がついてきてる」と言い、お祓いをしてくれました。

そうしたとろ、一瞬気を失い、次の瞬間にはもう熱はさがり、普通に過ごせることができました。

その件で怖くなってみんなと固まって寝ていましたが、

ふと目が覚めた時、私はまだあの幽霊がいると感じ取ることが出来ました。

結局朝になるとその気配は途絶えてしまい、私たちはそのままホテルをあとにしました。

結局のところ、その幽霊が防空壕にいたものなのか、別の何かだったのかは分かりません。

ヘタをすれば私も取り憑かれたのではないかと思い、

友人には悪いですが防空壕に入らなくてよかったなと思います。

沖縄旅行のホテルにて。3人で体験。今でも震える話
10年ぐらい前の話です。 私と私の子供、当時5歳、私の妹の3人で夏休みに沖縄旅行に行きました。 ホテルの手配は妹に安いところを任せていました。 ちょっと古い感じのホテルでしたが、内装は赤いじゅうたんで豪華な感じでした。 ...

沖縄修学旅行での出来事(防空壕で使用していた洞窟)

沖縄へ修学旅行に行った時、

霊感のある子が体験した出来事です。

当時戦争を行なっていた時の話を聞きながら

資料の残る館内を案内され、

当時の衣服や使用していたものが展示されているのを見て

胸が苦しくなった。

その後、防空壕として使用されていた

洞窟が近くにあると案内されました。

多くの人が逃げ込み、

それを知っていたアメリカ軍が手榴弾を投げ、

たくさんの人が亡くなった話を聞きました。

いざ洞窟を目の前にすると

重い空気が漂っているのがわかり、

一歩二歩と近づくと低い声で

「こわい」「たすけて」「くるしい」と

聞こえてきたそうです。

中には赤ん坊の鳴く声や女性の叫び声なども

混じって聞こえて来たそうです。

そして洞窟の中に入った途端、

霊感のある子が泣いていました。

どうして泣いているのか聞いても

応えずその後も泣き続けていました。

その後バスへ戻った時泣き止んでいたので聞いてみると

「洞窟に入る手前でいろんな人の声が聞こえてきて、

正直怖かった。中に入りたくなかったけど

みんなの後をついて入った途端意識がなくなったの。

バスに戻ってくるまでの間は全然覚えていない。」と。

霊感のある人はメッセージを

受け取りやすくなるというのを聞いたことがあります。

もしかしたらその子に何か伝えたかったのかもしれません。

その一件が終わった後指定されたホテルの部屋へ。

その子はホテルの部屋も嫌な感じがすると言っていました。

しばらく何もなかったのですが、

ご飯を食べ、お風呂に入り、就寝時間を過ぎた頃、、

誰かの足音が聞こえ、ふと見ると誰もいず、

再び寝ようとした時、また気配を感じ見てみると、、

焼け焦げた女の人が焼け焦げた子供を抱いて立っていた。と。

沖縄の本島の万座毛ビーチで写真を撮っていたら…
私の先輩が体験した話です。 先輩は友達と4人で沖縄に旅行に来ていました。 泊まっているホテルから近い万座毛というビーチで海水浴をしたり、パラセーリングをしたり楽しみました。 お盆明けて少し経った9月でしたが、旅行や海水浴に...

修学旅行先から帰ってきた姉

私には1つ上の姉がいます。

そんな姉が修学旅行先の沖縄から帰ってきた話です。

学生時代、私は昼間は通信制の学校に通って

夜はほば毎日夜中12時ぐらいまで飲食店で働いており

毎日クタクタで帰っていました。

でもそこの店長さんは、

そんな私をとても可愛がってくれました。

ある日いつものようにお客さんに、

サーバーで飲み物を注いでいた時店長からいきなり、

そっと近づいてきて顔を上げたらしばくぞ!!と言われました。

私は言われるがまま、いつも優しい店長が

そんな事言われたので頭はパニックです。

多分時間で表したら2分ぐらいずっとうつむいていました。

そして店長からいいよ。と言われ顔をあげても

当然ビールサーバーが目の前にあるだけで

その時はまだ、私には何も分かりませんでした。

その日は忙しかった事もあり、

帰り際に店長にあの時何があったんですか?と

訪ねても何も言わず一言だけ、今日車で送るわ!

それだけでした。

でも今まで送ってくれた事も無かったので、

内心何かやばい事でもあったのかと思ってました。

バイト先から家までは10分ぐらいの距離なので、

いつもは陽気な店長だけどこの日の店長はずっと黙ったまま、

ただひたすら、ラジオが流れていただけなのを覚えています。

自分は一軒家なので家に着いて、店長がいきなり

二階を指指してあの窓の部屋は誰が普段おるんや?

っと尋ねてきたので私です。

と答えたら私には何も言わず誰かに電話していました。

そして電話が終わって私に今から知り合いの

お祓いできる奴呼んだから

っとここで初めて霊の事なんだと気付きました。

その知り合いを待っている時、思い切って店長に

あの時何があったんですか?と聞いたら

顔が焼けただれた女の子が

お前をずっと睨みつけとったんやと言っていました。

今もあの窓からずっと睨んどるけ、部屋には入らん方がいい

と言われ、話が終わった時ちょうど

その知り合いがきて部屋に入ってお祓いをしてくれました。

どうやら、姉が修学旅行から帰って

そのまま連れてきたらしく、

後日その修学旅行先で撮った写真を見たら

顔が焼けただれた女の子が写っていました。

その写真もお祓いしてもらい安心しました。

でもあの時顔を上げたらどうなっていたかと今でも思います。

沖縄の某高級リゾートホテルのレストランにいる地縛霊。スタッフが体験
私は今年の春まで、沖縄の某リゾートホテルで働いていました。 そこのホテルは高級ホテルとして結構有名な所で、芸能人などもお忍びで良くいらっしゃいます。 そのホテルのレストランであったお話しです。 私は和食レストランで働いてい...
タイトルとURLをコピーしました