コックリさんをしたら取り憑かれた

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

昔、よく、流行っていた、コックリさん。

私が中学1年生の時にブームみたいなのがあって、私の仲良しグループで、コックリさんを友達の家でしてみました。

誰が誰を好きかとか、そんな内容の事を色々聞いていました。

すると、してる最中に、誰が押す訳でもなく、猛スピードで、コインが動きだしたんです。

出た文字は「お前を殺す」でした。

皆んな、キャーキャー言い出して、手を離してしまいました。

突然私の背後から私の両腕を掴まれてる感触。

私は声も出ませんでした。

元々霊感が強かった私は、その掴んでるのが女性だとすぐ分かりました。

私の他にも1人霊感の強い子がいて、その子にも取り憑いた様でした。

パニックになってましたが、私が、その友達と通っていた公文の先生が、お祓いとか出来たはず!

と思い出し、すぐ、公文の先生のところに行きました。

先生は、阿含宗の信者です。

公文についた途端、友達が右利きなのに左手で、机に、辛い、苦しい、助けてとチョークで書き始めたんです。

それを見るなり先生が、「先にこの子するから」と言い、奥へ連れて行きました。

1時間くらい待ちました。

その間私の腕は相変わらず掴まれたままでした。

友達が終わり、友達はぐったりしていました。次は私の番です。

阿含宗のお経を唱えながら、私は手を合わせていましたが、段々涙が止まらなくなってきて、体中熱くなって、倒れ込んでしまう中それでも先生はお経を読み続けました。

お祓いが終わると、先生が「まず、コックリさんについた霊は浮遊霊が多いけど、あなた達に憑いた霊はそれより少し強い霊でした。

長崎の原爆の被害者でした。

もうお祓いをしたから大丈夫だから。

もう、コックリさんなんて、したらダメですよ。」と教えてくれました。

私達は手を合わせ、「もう2度とコックリさんはしません。成仏して下さい」

とお願いをすると、私の腕も軽くなりました。

それからはコックリさんをする事はありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました