アガペ甲山病院は、元殺人事件の場所だった?(西宮市甲山町)

スポンサーリンク
兵庫
この記事は約2分で読めます。

アガぺ病院に出る子供の幽霊

アガぺ甲山病院は、PET検診、脳ドックなど各診察、治療を行う総合医療法人になります。

兵庫県西宮市の甲山町にある、比較的大きな施設として市民の利用も多いです。

しかし、この病院に、子供の幽霊が出ると噂があり地元では有名になります。

ある看護婦が夜の10時ぐらいに帰宅しようと着替え中、子供の声がロッカー室から聞こえてきたそうです。

「助けて、助けて」と、子供が苦しむ声が部屋に轟きました。

看護婦は、少し怖くなり残っている同僚の元へ走って呼びに行きました。

看護婦と同僚は、ロッカー室の中へ入り様子を伺いましたが、もう声は聞こえません。

次の日、看護婦は、同じように出勤して仕事を熟し帰宅時間になったので、ロッカー室へ行きます。

そして着替えていたら、子供の声がまた聞こえてきました。

看護婦は、慌てて着替えて出ようと思った瞬間、後ろの隅に小学生の男の子が立っていました。

全身が汚れていて、ボーっと看護婦を見つめています。

看護婦は、ロッカー室から飛び出し、違う同僚にこの事を伝えます。

世間を震撼させた殺人現場こそ、アガぺ病院

同僚は、驚く様子がなく「気のせいだよ」と言い、「早く帰って休みなよ」と言いました。

そして、次の日、この同僚からアガぺ甲山病院の事を詳しく知る事になります。

この病院が建てられる前、知的障害者施設があり甲山学園がありました。

精神に障害を持つ子供が数十人いましたが、

1974年に子供2人が浄化槽のタンクの中で水死する甲山事件が起こります。

犯人は、勤務する女性が逮捕されましたが、結局無罪になり真の犯人は分かりません。

この甲山学園があった場所に、アガぺ甲山病院が建てられて今に至ります。

浄化槽で水死した子供が、無念の霊としてロッカー室に現れたと言われています。

【いわくつきの土地】甲山のキャンプ場事件や心霊体験。悲惨な歴史と謎に迫る
兵庫県にある甲山(かぶとやま)はレジャースポットとして有名ですが、 その一方でいわくつきの土地、心霊スポットとしても有名です。 キャンプ場や自然豊かな甲山森林公園と五ヶ池(読み方:ごかいけ)湖畔が、 なぜいわくつきの土地と...
タイトルとURLをコピーしました