霊が出ると噂の千葉大学北門の門で…

スポンサーリンク
千葉
この記事は約2分で読めます。

大学に入学した時、新歓の席でのことです。

話の流れで、僕はどこのアパートに住んでいるか、答えることになりました。

すると先輩が、「じゃあ北門を通るわけだな」と、神妙な顔でつぶやきます。

「どうしたんですか」と尋ねると、

「いや、あそこ、女の霊が出るって噂なんだよな」と、真面目な口調で答えるのです。

場は、シン、となりました。

別の先輩が、執り成すように小ボケを挟んで、どうにか盛り返しました。

それから、三か月ほど経った頃です。

僕は同級生と、駅前の居酒屋で呑みました。

帰りが遅くなったので、僕は大学構内を通り、アパートに戻ることにしました。

ふらふらに酔い潰れていました。

自転車を引くカロカロカロ、という音が、夜の静かな構内に響いていました。

北門に辿り着いた時に、僕はハッとしました。

正門は、夜遅くまで開いているから、入る分には全く問題ないのですが、

北門は規模が小さいためか、割と早い時間に閉まるのです。

だからその日も、門は固く閉ざされていて、僕はちょっとの間呆然と立ち尽くしていました。

引き返そうとも思ったのですが、面倒だし、そこからさらにぐるりと大学の周りを歩くというのも、億劫でした。

北門をよく見ると、門の横の塀は存外低く、

自転車をまず向こう側に運び、その上で飛び越えるということが、充分に可能なことに思えました。

酔っていたから、思い切りが良くなっていた、ということもあります。

とにかく僕は、早く帰りたいということもあり、自転車を持ち上げて、それから慎重に、向こう側に下ろしました。

最後に少し雑になって、乱暴に落ちる形にはなりましたが、成功には変わりありません。

僕はホッと一息ついて、それから自分自身も、塀を飛び越えようとしました。

その時、右足に、妙な感覚がありました。

引っ張られるように、ガクッと体が下がったのです。

でも一瞬でした。

酔っているな、と自分を納得させました。

錯覚だろうと。

家に帰り、僕はシャワーを浴びました。

その頃には酔いも少しは醒めていました。

髪を洗い、身体を洗い、ふと右のくるぶしに目を向けました。

そこには、誰かに捕まれたような、青紫色のあざがありました。

僕は、小さくヒッと叫びました。

それが、先輩の言う女の幽霊だったのかどうか、僕には未だに分かりません。

けれど、確かにそのあざは、ちょうど女の人の手の大きさくらいでした。

そして、どういうわけかそのあざは、五年経った今でも、僕の右のくるぶしに残ったままです。

あるいは永遠に消えないのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました