長野県長野市にある戸隠バードライン、通称「七曲り」で起きた心霊体験

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは私が学生の頃、みんなで怖い話をしようということになり、先輩に聞いた話です。

先輩のお姉さんが長野県長野市にある戸隠バードライン、

通称「七曲り」を車で運転していたときに体験したそうです。

この七曲りは地元では有名な心霊スポットで、前までは道路の真ん中に松の木がありました。

この「七曲りの一本松」を切ろうとすると事故に遭う、病気になるなどの噂が出回っていました。

ちなみに今では松の木が切られており、切り株のみが残されています。

何事もなく切ることが出来たのかどうかはわかりません。

その場所で先輩のお姉さんはこんな体験をしたそうです。

先輩のお姉さんは夜中に自宅へ帰ろうと、七曲りを車で通っていました。

七曲りというだけあって急なカーブが連続する坂が続きます。

暗い中の山道の運転ということで疲れてしまったのでしょう。

七曲りを通過したところで車を停めて少し休むことにしました。

車のエンジンを止めて休んでいると、急にバタバタという窓をたたく大きな音がしたそうです。

何かと思い外に出ても誰も居ませんでした。

ですが、ふと窓を見ると、窓に無数の手の跡がついていました。

子供の手の跡のようだったそうです。

これは危ないと思い、その場から移動すべくエンジンをかけようとしましたが、一向にエンジンがかかりません。

焦りながら何度も繰り返しキーを回して、やっとエンジンがかかりました。

その後は何事もなく車も動き、家にたどり着いたそうです。

ですが家に着いたときに犬に吠えられたらしく、

何かが憑いてきてしまったそうで、後日お祓いに行ったと聞きました。

動物は見えるって言いますもんね。

結局窓についた手の跡はその後も消えることはなかったそうです。

タイトルとURLをコピーしました