鍾乳洞はいろんな意味で涼しいところですね。ツアーガイドをしていたときの体験

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

私は7年前までツアーコンダクターをしていて

日本中あらゆるところへ行っておりました。

毎年夏になると、涼しい所として、

ツアーの行き先に鍾乳洞が入ってきます。

確かに鍾乳洞は涼しいですが、

まだ私がツアーコンダクターになって日が浅いときのことです。

あるとき

岐阜県にある縄文鍾乳洞というところへ添乗に行きました。

その鍾乳洞は見るからに、

入り口からして心霊スポットのような雰囲気の鍾乳洞なんです。

真っ暗だから懐中電灯で

ガイドさんが先頭で私、

添乗員は最後尾について順路を歩きます。

中に入って歩いていると

私の後ろは誰もいませんが

まだ後ろに人の列があるような気分になり、

何回も振り向いたり、懐中電灯で照らしたりしました。

でも、私は最後尾だから確かに誰もいません。

やっと最終出口に出たとき、

耳の後ろがカサカサ何か触られているような感じがありました。

何回も耳の後ろを手で払うようにしながら

虫でもついているわけでもない

でもカサカサくすぐったいような感じを受けながら帰ってきました。

翌日になっても耳の後ろがカサカサして

くすぐったいような何とも言えない感じがしていました。

朝から会社に行き

そのツアーの添乗報告と清算をすませました。

そして、これからの仕事の日程をききに

人事のⅯさんのところへ行きました。

Мさんは、霊感が強いので有名。

オーラも見えるようで

今日のオーラはグレーだよ

元気ないよねとか気分まで当てちゃう人でした。

私が何回も耳の後ろを払うようなしぐさをしているので

耳どうしたん??と聞かれました。

いやー、昨日鍾乳洞へ行ったんですよね。

出てきたら耳の後ろがくすぐったくって

カサカサしているような変な感じなんですというと

やっぱり。

そういうとこ行ったんやね。

後ろに何人か昔の人連れてきてるで。

お侍さんもいるわと言われました!!

ビックリでした。

すると

そのうち離れていくし気にせんでいいよと

さらっと言われました。

びっくりしましたが、どうすることもわからないので

いわれるまま、そのまま

あまり考えないように過ごしました。

3日したら

耳の裏の異変がなくなりました。

それ以来いろんなところへ行く場所で

耳の後ろがカサカサくすぐったくなるときは

霊がいるなとわかるようになりました。

もちろん

鍾乳洞はどこへいってもなります。

絶対いるのですね。

だから、私はお客さんと同行せず入口で待つようになりました。

真夏に涼しい体験をしたくていかれる人が多いですが

いろんな意味で涼しい体験ができるところだなと思います。

タイトルとURLをコピーしました