踊る小人たち/お辞儀して消えた親子の霊 怖くない心霊体験(中国地方)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

踊る小人たち

幼い頃、毎週見ている好きなアニメ番組がありました。

今も続いているご長寿アニメ番組で曜日も時間も当時と同じです。

当時住んでいたのは古い木造二階建てで、

二階以外は、テレビの置いてある居間、台所、

縁側(居間を隔てる障子と庭を隔てる窓ガラスの間にある細長い空間)、トイレ、庭がありました。

私はアニメを見終わった後、トイレに行く習慣があり、

そのトイレに行くには、居間を出て、縁側を通らなければならなかったのですが、

その際、特に意識しなくても庭が目に入ります。

その時に、毎回特になんとも思わず見ていたのが、踊る小人たちでした。

庭には、丸い座布団のような石が、「けんけんぱ」の輪のような感じで置いてあったのですが、

その石のなかの一つに、大勢の小人が丁度阿波踊りのように並んで、

「○曜日~、○曜日~」と歌いながら踊っていました。

お辞儀して消えた親子の霊

上記とは別の、鉄筋コンクリート戸建の借家での話です。

私が初めて金縛りを体験した家はここでしたし(11歳くらい)、

今からお話しする親子の心霊以外にも、立ちすくむ女の子の霊を見たり、

実際の広さと感覚が一致しないことがある(上手く表現できませんが)など、ちょっと不思議な家でした。

その夜も普通に眠っていたのですが、ふと夜中目が覚めました。

すると、誰かと目が合いました。

大人(当時の母親くらいの年齢)の女性でした。

一瞬母親かなと思ったのですが、横で寝ていました。

よく見ると、子供もいました。

子供の年齢や姿は覚えていないのですが、とりあえず親子だということはわかりました。

私の布団の上にいるのに、重さは感じませんでした。

目の前の現象は冷静になれば驚くべきことなのですが、夜だし頭も働かないので、ただ見つめていました。

すると、心霊母が、私に申し訳なさそうにお辞儀をしたので、私もお辞儀を返しました。

すると、親子はすうっと消えました。

タイトルとURLをコピーしました