触っても居ないのに鍵が勝手に…(岐阜県可児市の花フェスタ記念公園近く)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは自分が体験した話です。

もう20年くらい前の話です。

その頃付き合っていた彼氏がいた私は、一時期その彼と毎晩のように会っていました。

お互い車を持っていたのですが、持ち合わせが少ないことが多かったので、

どちらかの車の中で長話をするというのが日課になっていました。

あまり人通りが多くない、車を駐車しても邪魔にならない場所を選んでいたところ、いい場所を見付けました。

岐阜県可児市の花フェスタ記念公園近く・・・貯水池?の下辺りでしょうか。

ちょうど車一台分ほどのスペースがあり、近くに民家もちらほらしかないくらいの場所でした。

私たちは、その場所に頭から突っ込む形で駐車し2人で話をしながら時間を過ごすことにしました。

最初の日は特に変わったことは何も起こりませんでした。

誰にも気を遣うことなく、時間も気にすることなく過ごせた私たちは、

次の日もその場所で過ごすことに決め、前日と同じように駐車しました。

その日は当時私が乗っていたワゴンRでしたので、前の座席を倒しフラットにして話していました。

フラットにしていると足が伸ばせて話せるので楽なんです。

夜ということもあり、防犯上から鍵は全てロックしてありました。

深夜2時くらいでしょうか・・・

まさに丑三つ時と言われる時間帯のことでした。

2人とも後部座席の背もたれに背を持たれかけ、足を伸ばして話をしていた時でした。

2人とも鍵には手が届かない姿勢ですし、ドアには触っても居ないのに、ロックをしていたはずの鍵が開いたのです。

しかも全部の鍵が動いたので、それをするには運転席の鍵を触るしか出来ないこと。

しかし2人とも後部座席・・・トランク近くなので出来るはずが無いんです。

2人ともビックリして固まっていると、数秒後に今度は『ガチャッガチャッガチャッ!』と3度ほど、鍵が開いたり閉まったりを繰り返しました。

瞬時に『やばいっ!!』と判断し、彼は運転席に私は助手席に移動し、座席もそのままに車を発進させました。

その時、助手席の窓から下を見下ろすと、お地蔵様が建っていました。

その日は何事も無く家に帰りましたし、その後も何事もありませんでした。

あのお地蔵様が自分の場所を示したかったのでしょうか・・・

自分の存在を私たちに教えたのでしょうか・・・

夜中に見たお地蔵様を今でも思い出せるくらいには、恐怖した体験でした。

タイトルとURLをコピーしました