自宅の2階で、女の人の笑う不気味な声

スポンサーリンク
自宅・寝室
この記事は約2分で読めます。

友達が泊まりに

ある日、友達が私の家に泊まりに来ました。

私は当時は実家の2階に部屋があり

友達と深夜の2時近くまで話をしてました。

それから眠くなり私は窓際のベットで、友達は、ベットの下に布団を敷いて寝ました。

寝付けない

眠いと言っても普段は、そんな深夜の2時まで起きてないので、

私も友達も、なんか目が覚めたような感じで、お互いに寝がえりばかりうってたんです。

外は静かで

そうしてるうちに、寝がえりもしなくなり

お互いがお互いを寝たのかなと思ってたとき、

ここは田舎なんで外は家は密集してるわけではないですが、

道路も、夜中は、ほとんど車も通らないので、

シーンとしてるんです。

突然不気味な笑い

そしたら私が寝てる窓際から、

女の人の不気味な笑いが聞こえました。

う、ふ、ふ、ふ、みたいに、

と途切れた笑い声が、

一回だけ聞こえて、

私は、えっ?いま笑い声がって、思いました。

別にウトウトも、してなく、

寝れないから目をつぶってただけなんで意識はきちんとしてました。

友達も聞いた

私は、いまの笑い声は、なんだろう、

しかも、ここは2階なのに、おかしいと思いながら、

怖くなって布団をかぶったら、

友達も寝れなく、

その笑い声を聞いたみたいで、

友達が私を起こしたんです。

私も実は笑い声聞いたよと言って、

二人で、なんだろう、いまの?風じゃないよね?

とか、色々と考えました。

窓際の、すぐガラスのとこで、

不気味な笑い声だったので、

気持ちが悪かったです。

次の日、母に、夜中にへんな笑い聞こえなかった?と聞いたら、

寝てたからわからないと、

私の部屋の下が母の部屋だったので、聞いてみたんですが。

幽霊だから2階まで軽くのぼれるんじゃないと、

母にはバカにされましたが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました