私の学生時代の後輩が新潟県聖籠町のロシア村跡地に行き怖い体験をしました。

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

先日学生時代の後輩が新潟に遊びに行ってきたのでとお土産を持ってきました。

後輩のEはいつも明るい子でしたがこの日は違いました。

暗い表情で「行くべきではなかったのかもしれません。」と私に話し始めてきました…

彼は8月、TVの番組で怖い話の番組で新潟県の聖籠町にあったロシア村がでてました。

タレントの中〇翔子と島田〇平が一緒に行き怖い経験と映像が出たそうです。

E君は他の友達とそれを見て、遅い夏休みで新潟県と山形県に旅行に行きました。

その際にロシア村に行ったそうです。

2009年くらいに倒産、閉園してもう辺りは草木が生え放題で、

ロシア特有の建物もガラスが割れたり廃墟と化してました。

不審火があり火災もあったり、よく夜中に行くと怖い経験をするという多数の話が伝わってくる曰くつきの場所だったそうです。

ロシア村にはやはりテレビで見たのか若い人や年配の人等少し人が多かったそうです。

E君達はスマホやデジカメで撮影していたりしていた時に、地元の年配らしき男性の人が

「あんた達興味本位で来たのならすぐに立ち去った方がいいよ。」と助言してくれました。

E君達は忠告を聞きましたが、来たからには色々見たいと思い見たそうです。

その中でとある建物に入りました。

そこにはE君達意外入ってませんでした。

地面はガラスが散乱していたり、建物の廃材や衣服等が散らばってました。

外は暑いけど、その建物だけは何故かひんやりとしていて鳥肌が立つぐらいの寒さだったそうです。

1Fだけしかみませんでしたが、結構いい広さだったそうです。

E君は仲間と共にスマホで撮影したり、壁に傷んだ壁画がありそれをバックに撮影や探索をしたそうです。

E君の仲間の一人が突然「気持ち悪りぃ…」とその場で吐き出して外に出ました。

E君はもう一人の仲間とすぐに出ようとした時でした。

壁画には人物像の男性と女性が写っていたのですが、その目が黒い色だったのになぜか緑で光を帯びてました。

パリンとかパキと辺りが音がしました。

ですが、E君達意外誰もいません。

音が大きくなり、E君達は建物を出ました。

すぐに出ようと走りましたが何故か体が重くよく動けなかったそうです。

何とか出ましたが、E君と一緒に出た友達は顔色が青ざめていて唇が紫になっていて

「寒い。寒かった…」と怯えていました。

その建物に入ろうとしたカップルが居たのでE君は行かない方がいいと止めたそうです。

その後ロシア村を去り、山形の温泉旅館に夕方着きました。

E君の仲間も回復し休んでいました。

そこで取った画像の確認をしたそうです。

E君達は驚きました。

撮影したはずの画像が撮れてなかったり、煙のような靄。

E君が仲間を撮影した時に足元に手が見えたり、壁画の人物像の顔が黒くぼやけて居たりして彼らは寒気を覚えました。

E君は風呂に入るときには胸元が小さい赤い斑点が無数についていて寒気を覚えました。

その後E君はしばらく熱が38度出て、車の運転は仲間に変わってもらい、

帰ってきてやっと回復しお土産を持ってきてくれました。

「もうあの場所には二度と行きません。TVで見て興味本位で行ってみたいと考えないようにします。絶対行かない方がいいです。」

と真顔で答えたE君の顔は怯えと説得力がありました。

そんなE君がロシア村で体験した恐怖の話でした。

タイトルとURLをコピーしました