福島県須賀川市のとある公園の開かないトイレの扉

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

つい最近のことでした。

私は、居酒屋からの帰り道、便意を催しました。

しかし、ここは田舎で、周りにコンビニはありません。

自宅まで帰るにしても、市街地の方に戻るにしても、中途半端な距離です。

そこで、近くにあった公園のトイレを使うことにしました。

用を済ませて、私は、個室から出ようとしました。

しかし、ドアが開かないのです。

鍵は、もちろん、外しました。

しかし、ドアは、まるで石のように重く、びくともしません。

ドアが壊れたのか、と疑いましたが、そういうわけでもなさそうです。

じゃあ、自分が酔っているのか。

確かに私は酔っていましたが、それでも、ドアくらいは開けられます。

つまり、ドアが開かないのは、不可解でしかありませんでした。

時刻は、二十三時を回っています。

私は、だんだん怖くなりました。

閉じ込められたのでは、と。

しかし、一体どういう理屈で?

私には、分かりませんでした。

すると、突然、激しい頭痛に襲われました。

頭が、割れるように痛いのです。

そして、どこかから声が聞こえてきました。

それは、高く、弱々しい女性の声でした。

「たすけて」

その声は、確かに、そう言いました。

何度も、何度も、そう繰り返したのです。

僕は、頭を抱えました。

そして、自分でもよく分からない、

言葉にならない叫び声を上げました。

今思えば、私は相当に恐怖していたのでしょうね。

すると、キイ、とドアの開く音がしました。

私は急いで、トイレから逃げ出しました。

あとで調べてみると、

その公園は、付近の高校生がお遊びで

心霊スポットとして訪れている場所だということが分かりました。

しかし私は、たとえお遊びでも、

いや、お遊びだからこそ、行くべきではないと思いました。

その公園の裏手に、墓地があるから猶更。

恐怖の猪苗代お化けペンション、オバペン(福島県猪苗代付近)
福島県の猪苗代近辺にあるお化けペンション、通称オバペンと言われているとこがあります。 かれこれ、10年以上前の話になります。 福島県民の若者なら知ってる有名な心霊スポットです。 私も若かったので、興味本位で行くことになりま...
福島の田んぼの真ん中に人じゃない白いなにか(くねくね)
もう十年ぐらい前のことか、小学生のある夏に福島のじいちゃん家に行くことになった。 2年前ぐらい前に親に連れられて福島のじいちゃんの家に行ったことがあったが もうじいちゃんとばあちゃんの顔なんて忘れていて優しかったことと、 ...
海辺のサマーナイトin福島県いわき市
あれはもう15年ほど昔のことです。 私がまだ華やかな女子大生だった頃です。 おっと、自分で言うようになるとは、年齢を重ねた証拠ですね。 さて話題を戻しますと、県外から大学へと入学した仲間通し、 毎日がお祭り騒ぎの如く...

コメント

タイトルとURLをコピーしました