東京都内は某大塚マンションでの実話!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

都内は某大塚マンションでの体験

私は当時、池袋のナイトな仕事のボーイ、ウェーターをやっていました、

そこにホステスの応募で少し年上の女性が入店します。

普通のもてそうも無い女の子でした。

その子は都内は池袋が環境にあうとの事で、

夜の仕事に付く事になります。

実家は埼玉市なので入店の1か月前に、隣の大塚へ越すことになります。

その部屋は大塚駅から10分ほど歩いたところにあります。

当時20年前の1DKで家賃は4万~代と少し物価も安くバブル時代になります。

数日から始まる違和感~

そこは駅から少し離れた、西寄りのアパートで陰になる部屋です。

勤務が夕方の6:00から明け方の4:00位になるので、

実質は夜は部屋にいない生活が2か月ほど続きます。

越してきて、最初は何も感じなかった彼女ですが、

たまに偏頭痛を感じる程度、

頭痛持ちではないのですが、

ここ1か月から頭痛が始まり仕事で休みがとれない為の

体調不良からなる頭痛だと思っていました。

その頃からですね、肩が重い首筋が痛む、強張る等。

しかし環境が環境で入店したばかりでストレスが原因だと思い、

そのまま生活を続けます。

久々の2か月ぶりに休日を貰い、やっと1日を部屋で過ごせる時間になります。

彼女は普通の生活のペースで部屋で寛ぎます。

勤務終了が明け方の4:00なので、

どうしても朝から寝床に着くことになります。

その日は、熟睡で夜中まで寝ることになり、

丁度その時間に彼女は目が覚めるのです。

覚めると言うより起されたと言う方が強いと聞きました。

あれは夜中の2:30に差し掛かる時間の事です。

何だか、お勝手の仕切り硝子から薄い光を感じた彼女、

最初は電気を消し忘れたのかと錯覚したそうですが、

何か変?

すり硝子の仕切りを、開いたところ、

なんとこの世では信じられない光景を目にします。

そこには、薄暗い光の中で

(親指大くらいの、お坊さん)が

床に座りお経を経てているでは、ありませんか!

これには彼女も驚いたらしいです。

怖いというよりも不思議な感じ体験だと言っていました。

お坊さんの霊が殺人や自殺で成仏できない霊を成仏させる為に、

あの世から使わせられたのか?

この時代は自殺や殺人の部屋でも、借主に報告の義務はありませんでした。

がしかし、現在は殺人部屋は賃貸法律で、

(告知事項として)知らせる義務にはなっていますが?

もしかしたら当事の某大塚マンションも、

いわくつきの部屋だったのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました