東京都の神楽坂で実際に体験した話

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

今から10年ほど前に実際に私が体験した話です。

私の通っていた高校は校舎がくの字に曲がっていました。

入学した次の日に私は教室で友達と放課後遊んでいました。
まだ顔と名前が全く一致せず、みんなでふざけて写真を撮ったり、携帯で動画を撮影したりしていました。

その時に教室にそのときの担任が入ってきて、顧問の部活に入らないかと私たちは勧誘されました。

先生と3分くらいふざけて話していました。

その後先生は「入部度届けを持ってくるから、待ってなさい。」と言って教室から出て行きました。

そのときに教室から先生以外は誰も出て行っておらず、2つあるドアは1つ鍵をかけていましたので、絶対に誰か入ってきたりという事はありませんでした。

私たちはまた携帯で動画を撮って遊んでいました。

撮った動画をみんなで見ているときに、友達が、「あれ?誰か一人足りなくない?」と言い出しました。

私たちはそのとき6人で遊んでいたのですが、たしかに誰か1人足りない気がしたのです。

しかしまだ入学したばかりで、顔と名前がわからなかったので、気のせいかと思っていました。

しかし黒髪のボブくらいの髪の長さの女の子がいたと思う、とみんなの意見は一致していました。

動画を見ればわかると思い、携帯を見たのですが、その動画だけ消えていました。

動画が消えているのは電子機器なので、間違えて消したか、消えてしまったかだと思い気にしていなかったのですが、その後すぐに先生が戻ってきました。

先生は入部届けを持ってきたと私たちに配りだしました。すると1枚余ったのです。

私たちは今起きた出来事を先生に話しました。すると先生も同じ事を言うのです。

おかっぱの女の子がいた。だから人数分入部届けを持ってきたのだ、と。

人一倍恐がりな私が、そのときはそんなに怖くなかったのを覚えています。

しばらくして、昔からいるおじいちゃん先生にその話をしました。

すると、この校舎がどうしてくの字なのかわかる?と、くの字の理由を説明してくれました。

その理由は、昔お墓があったためにまっすぐ校舎を建てれなかったそうです。

そして、私の学校は女子校だったので、たまに女の子が出てくると言っていました。

しかし、その女の子は座敷童だから、何も怖がる事はないよ、とその先生は優しく話してくれました。

それ以降その女の子は現れませんでしたが、大人数で不思議な体験をしました。

座敷童の出るマンション(京葉線新浦安駅)
その頃私は単身赴任中、東京で勤務をしていました。 単身赴任ということもあり、仕事が終わると同僚から食事に誘われることもしばしばありました。 お酒はどちらかというと弱くはない方なので、泥水することはありませんでした。 その日...
タイトルとURLをコピーしました