東京にある由緒正しきかの有名なホテルで、霊感のある知人が体験した恐怖体験

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

霊感のある知人が体験した恐怖体験です。

名前はだせませんが、舞台は東京にある由緒正しきかの有名なホテルです。

・その日は遅くまで残業していた友人

そのホテルでアルバイトとして働いていた私の友人。

その日は忙しく遅くまでのこって、後片付けをしていたそうです。

結局仕事がおわったのは、夜中の12時ちょっと前。

社員から帰っていいといわれたので、友人は着替えのあるバックヤードへ向かうことに。

しかし、友人は現場からバックヤードまで向かう裏道がとても嫌いでした。

なぜなら毎回通るたびに何かを感じていたからだそうです。

とくにその日は夜遅くということもあり、びくびくしながら薄暗い裏道を通っていると、

それは唐突に友人の目の前に現れました。

・友人の前に現れた謎の看護婦

いきなり目の前に現れたのは、ホテルにいるはずのないナース服をきた年配の看護婦。

しかも、なぜか杖をついていたそうです。

引き換えそうとしましたが、なぜか前に進むことしかできず、

友人はそのままその看護婦にゆっくりと近づいていきました。

それがこの世のものではないとわかっていた友人は、ずっと下を向いていたそうですが、

横を通り過ぎるとき、ついつい顔を見てしまったそうです。

それは間違いなく年配の看護婦だったそうですが、

この世の中ものではないことを友人は確証しました。

なぜなら、その看護婦には目玉がなく、

本来目玉がある部分が真っ黒の空洞だったからだそうです。

そこからは何もなかったようですが、果たして友人が見たものとはなんだったのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました