後になってみると納得がいく、東日本大震災の前に体験した奇妙な予知的経験

スポンサーリンク

これは、あの東日本大震災にまつわる体験談です。

直接的に震災に巻き込まれた、というわけではありません。

あの震災に関連して不思議な体験をした、というだけです。

私は、どちらかというと実際的な性格で、オカルトとかは信用していません。

でも、これだけは実際に自分が遭遇した、唯一のオカルト体験なのです。

あの震災の3年前の2月の末のことです。

私は、大学4年生で、卒業も就職を決まっていて、あとは卒業式を待つだけでした。

それで、卒業旅行ということで、東京から仙台まで、のんびりと一人旅をすることにしたのです。

目的の一つは、茨木の五浦の岡倉天心の美術館でした。

こうみえても、明治の絵画に興味があるのです。

五浦を出た後、北上して、ある駅で降りました。

名前は伏せますが、あの震災で大被害があった地区です。

一人旅の気楽さで、てきとうなところで降り、てきとうな旅館に泊まろう、としたのです。

その旅館は、こういっては失礼かもしれませんが、

かなり老朽化が進んだ建物であり、経営しているのも老夫婦だけでした。

家族的な雰囲気で、食後、その老夫婦と歓談しました。

その時、それを感じたのです。

うまくいえませんが、老夫婦の影が薄いような感じです。

ご主人は、元漁師だったそうで、日焼けしてガッシリした体格の人です。

奥様も、農作業を長年やっていたらしい、健康な人です。

「最近、もうろくしましてねぇ」とかおっしゃっていましたが、見た目には、まだまだ長生きするような外見です。

でも、どこかおかしいのです。

安易な表現をすれば、死神が背中におんぶしている、というような感じがしました。

それと、もう一つあります。

寝る前に顔を洗おうとしたら、水が鼻に入ってしまいました。

なんだか、このまま溺れてしまう、という感じがしたのです。

これは、本当にいやな感じでした。

あの震災があったとき、私は大阪の支社で営業をしていました。

ニュースを見て、最初に思い出したのが、この旅館での体験でした。

仙台空港に向かう国道20号線と横道10号線交差点近くにあるトンネル
地元の人はほとんど通らないようにしています。 2011年東日本大震災の時、 仙台空港近辺の道路及び空港の滑走路はほぼ全て水没しました。 高速から降りた空港に向かう20号線、 仙台及び近辺市町が利用する10号線ももちろ...
震災時、一時的に遺体を収容する施設として使用されていた宮城県の某総合体育館にて
宮城県に住んでいるものです。 高校時代の話なのですが、私の所属していた柔道部の後輩には霊感のある後輩がいました。 初めは全く信じていなかったのですが、この体験をしてから信じるようになりました。 その日は県大会があり、宮城県...
タイトルとURLをコピーしました