幽霊の出てしまう共通点について

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私が働いていた部署では、実は幽霊が出ると有名で、

私が在籍していた時にもよく現れていました。

ですが、偶然にも霊感のある方がおり、その方に伺うと幽霊というのは、必ず共通点があるそうです。

その共通点というのは、空気の流れの悪い場所や、

日の当たらないじめっとした場所を好むらしいのです。

いかにも、という場所にやはり、いらっしゃるそうなのです。

なので、出来れば空気の流れを良くする様換気をしたりはもちろん、

日差しが入るようにする事も大事だとか。

それから、幽霊というのは、何か思いがやはりあり、成仏しきれない方が多いので、

存在に気付いてくれる人にはアピールをするそうなのです。

もし、万が一アピールに気付いてしまった場合には、

自分もどれだけ苦労しているのかをアピールする事で追い払う事が出来た!

なんていうこともある様です。

幽霊というのはそもそも、どこにでも現れている可能性があるそうで、

幽霊として、ではなく、人がいた場所、特に思い入れのある場所には、

思いが残ってしまう様で本人が意図していなくとも思いだけが残ってしまい、

生き霊と呼ばれるものとして、その場所に残ってしまう事もあるそうです。

どうしても日当たりの悪い場所や、空気の流れの悪い場所でどうにもできない場合には、

部屋の鬼門と呼ばれる出入り当たる場合を探して盛り塩、

もしくは塩のアイテムを何かしら置く、出来なければ、

何か嫌な雰囲気を感じた場合には手を叩いて空気を変える事でも、

追い払う事が出来るそうなのです。

タイトルとURLをコピーしました