川平ICの出入り口ガードレールの黒い影(長崎県の某大学生の投稿)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは私の友人が実際に体験したお話です。

それは夏のある一夜の出来事です。

私を含めた友人5名は長崎県の某大学に通う二年生で、

その日も日が沈んだ後、友人Aの自宅に集まると約束を取り付けていました。

私もアルバイトを終え、市内を走る路面電車に揺られ住吉のA宅へと向かっていました。

ところがいざ到着してみると、Aの都合が悪くなったとのことだったため、

すでに集まっていた友人と私を含めた四人で話し合い、私の住むアパートに向かう運びと成りました。

その際、私と友人Cは友人Bの車に、友人Dは自身の原付で向かう事になり、

A宅から私のアパートへ向かうルートは西山超えと言って山を一つ超える最短ルートを選択しました。

道中、車が先行する形で私とCは窓から顔を出し、後ろをついてくるDをからかい、車内では活気に溢れていました。

出発してから15分が経った頃、峠を超え、麓の川平ICの出入り口が隣接するガードレール添いを下り、交差点に差し掛かっていました。

信号は青、遮るものも歩行者もいません。

私のアパートも、もうすぐというところ、私達がからかっていたDが急な減速をしたのです。

最初は猫でも飛び出したのだろうと思い、私達は先に向かう事にしました。

しかし、後から着いたDが原付から降り、ヘルメットを取った顔は血の気が引いていました。

何があったのか聞いてみると、山を下っている際、あの交差点の手前にある街灯の下に人影が見え、

この世のものとは思えない異様さを感じ、恐怖のために減速してしまったとのことでした。

もちろん、私達も同じ道を通ってきたのですから、人がいれば気づいたはずです。

何より私はその話を聞いて、その場所、その現象に心あたりがありました。

私自身聞いた話ではあるのですが、そこはかつて交通死亡事故があったそうで、

現在もなお街灯の下のガードレールに切ったペットボトルがくくりつけられ、献花してあるのです。

タイトルとURLをコピーしました