嫁ぎ先の家は霊の通り道なのか?死産した双子の霊?

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私は26年前、大阪から福岡県に嫁いで来ました。

もともと子供のころから霊が見える体質ではありましたがそう頻繁に見るワケではありませんでした。

しかし嫁いだ家ではほぼ毎日のように見えたんです。

嫁いですぐ見たのは仏間にある仏壇から黒い人影がスゥッと出てきて真向かいの壁に入って行くのです。

その日は義兄一家が来ていてみんなで食事をしている時でした。

それから毎日仏壇から黒い人影が壁に消えて行くのを見ました。

また2階の私達夫婦の寝室では、誰かが布団を踏んで足元から迫って来る感じがしたり、

夜中目が覚めると 私の横に赤いワンピースを着た3〜4歳ぐらいの女の子が背中を向けて座って居たり、

階段を上ってくる足音が聞こえて目が覚めたのに誰も部屋に入って来ない など毎日です。

ある日私が熱を出して寝室に寝て居た時です。

騒がしい子供の声と足音で目が覚めると幼稚園児ぐらいの男の子と女の子が私の布団の周りを走り回っていました。

『近所にこんな小さな子供居たっけ?』なんてポーッとした頭で考えて居ましたが その子達はひとしきり私の周りを走った後スゥッと壁の中に消えて行きました。

ここはもしかして霊道?なんて思っていたら義母が『具合はどんなかい?』と部屋に来ました。

義母に今見た光景を話したら顔色が変わりました。

そして話してくれたのです。義兄のお嫁さんは嫁いで来られてすぐに妊娠されたそうなんですが 出産時に急に赤ちゃんの心拍が無くなり結局死産。

男の子と女の子の双子だったと。

当時私は1人目の子を出産したばかり、きっとこの子をあやそうとして来たのかもしれないと…

雨の中の赤ちゃんの泣き声と髪の長い女性(岩手県岩手郡)
これは私が小学生位の時に、父の実家に帰省したときの話です。 毎年夏休みに1週間くらい泊まりに行っていました。 私たちは関東に住んでいるのでめったに泊まりに行かれないので夏休みが楽しみでした。 おばあちゃんの家は昔、宿のよう...
タイトルとURLをコピーしました