埼玉県川口市南前川の公団住宅2階の部屋には何かがある?はじめての金縛り体験

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

もうだいぶ前の話ですが、

そこの部屋は、以前から、ラップ音聞こえる部屋でした。

きっと今も誰かが住んでいます。

この建物は、比較的新しく、心霊とは程遠い感じでしたが、空きがあり入れた物件でした。

近くには、イオンのショッピングモールがある場所なので人気の公団住宅です。

私が入居した時も、何故こんなに立地の良いところに空きが出たのか不思議でした。

きっと何かあったのだと憶測ですが、感じました。

看護師の私は、深夜勤務に行く前に、仮眠しようと思い、和室の部屋で寝ていました。

すると押入れの中から足が出てきて、私の胸の上にドカンっと乗ってきました。

それは、男の人の足だとわかりました。

胸の上には大腿部が押し付けられている事がわかりました。

凄く太い足なんです。

鬼かと思うほどでした。

怖い幽霊が見えなかっただけでも、

恐怖は少しましだったのかもしれませんが、

自分が経験したら、怖くて二度とあいたくないと思いました。

どんどん力を入れられて、避ける事ができず、苦しくて

声を出そうと必死になっても、声も出ません。

息が出来ない状況で、唸ることしかできませんでした。

もちろん手も足も動きません。

誰か助けと思う感情だけが

唸り続けるだけでした。

どの位経ったのか、すっと楽になりました。

全く動くことも出来ずに、これが金縛りと言うのかと初めて経験しました。

足の感触だけは残っていて、今思い出すこともできます。

目も開けられなかったので、観察することもできず、ひたすら耐えるだけでした。

それから、押入れのそばで寝ることをやめました。

私の主人は、心霊体験が多い人なので、

その部屋は、いつも寒い空気を感じていたそうです。

もし、目を開けてみてしまったらと思うととても怖いです。

タイトルとURLをコピーしました