古い旅館に泊まると金縛りにあいます。

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私は、子供の頃から霊感?が強いみたいで、

古い旅館やなれない土地にいくと、

その夜は金縛りにあいます。

中学生の頃、家を建て直しする関係で

近所の空き家に一時的に引っ越しました。

すると、夜中に「すーすー」という人の吐息が聞こえてくるのです。

隣は壁で壁の隣は外です。(庭)部屋には私しか寝ていません。

変だなと思い目を開けようとするのですが目が開きません。

これは困った!と思い身動きをとうろうとすると動けません。

(アチャー金縛りだ!)

そして、眠れない時間がすぎ、、、

朝になって気がつくと寝ていました。

それから、それから、

これは、二十歳になって友達と行った旅行先での事、

その日はお城巡りなどをの観光スポットをみてまわり、夕方宿につきました。

宿は江戸時代から続く由緒ありそうな築数百年の古い旅館。

食事が終わって寝る時間になり、電気を消して床につくと

なんとなく胸騒ぎ、

(あーくるな、くるぞ)

と思っていたら、肩をトントンと布団の上から叩かれて、

起きようと思ったのですが起きられず、目

を開ける事もできず、やっぱり金縛りになってしまいました。

やはりきたか、、、。

しばらくするとボーンボーンと柱時計が二回鳴り、

やっぱり夜中の二時か、、、。

いつもいつも、心霊現象にあうのは決まって二時なんです。

肩を叩かれたり、動物の鳴き声みたいなの聞いたり、

子供達が騒いでいる声が聞こえたり、

なので、ちょっと古そうな旅館に泊まりにいく時は、

数珠とお経を持ち歩いています。

(ついでに塩と水晶も)

そんでもって、適当にお経を唱えると

金縛りが解けるんです。

あー怖かった。

タイトルとURLをコピーしました