愛知県伊勢神トンネルに友達と車でドライブに行った時の怖い体験まとめ

スポンサーリンク
伊勢神トンネル 心霊スポット
この記事は約10分で読めます。

愛知県伊勢神トンネルでの話

愛知県にある伊勢神トンネルの話です。

母の地元がトンネルを超えた町だったので、帰省する時は必ず通らなければなりませんでした。

伊勢湾台風の発生時、ちょうど新伊勢神トンネルは着工中だったそうです。

怪我人が出たという知らせを受けて、町の男達が総出で救助に当たったそうですが、多くの怪我人と亡くなった方もいらっしゃったそうです。

田舎で病院も救急車もないため、家の戸板を外して担架の代わりにし、何人もの怪我人を運んだり応急手当をしたそうです。

母は小さかったので、実際の光景は見ていませんが、祖父がずぶ濡れで泥だらけの姿を見て怖かったそうです。

それから間もなく被害にはあったものの、無事に伊勢神トンネルは開通し、旧伊勢神トンネルは使われなくなりました。

でも、トンネル内に工事中に亡くなった人の霊が出るとか、

トンネルを開通するために移動した墓地が原因で幽霊が出るなどと様々な噂が立ったそうです。

実際、昔はトンネルの上に墓石が並んでいて、幼かった私は怖くて上を見れませんでした。

小さな田舎の町で何も面白いことがない若者達の遊び場になったことは言うまでもありません。

若い男女が面白半分で肝試しによく行ったそうです。

ただ、叔父は旧伊勢神トンネルの方がもっと怖いと言うのです。

旧伊勢神トンネルは封鎖された訳ではありません。

元々、こちらのトンネルに昔から女の霊がいると言われていたんです。

真っ暗で電気もない、昼でも暗く一人で通るのは男でも怖かったそうです。

トンネルの中央部分にさしかかるといなかったはずの髪の長い女が後ろに立っているとか、

トンネルを無事に過ぎようとすると、着物をまくって追いかけてくるとか、叔父からよく聞かされました。

今思えば、幼い私を怖がらせようとしていたんだと思いますが、

絶対行ったらダメだと、その時の顔は真剣でむしろ叔父の方が怖かったです。

実際、新伊勢神トンネルは何度も通っていますが、今まで一度もおかしな現象は起こっていません。

母は一度だけオレンジの光がフワフワと飛んでいるのが見えて、モヤッとした霧のようなものが車の前を通ったと言っていました。

そんな話をしていた時、叔父が「そういえばこの前あのトンネルで近所のお婆さん見た」って言ったんです。

片側一車線でそれほど狭くもないんですが、長いし茶臼山行くライダーや観光客も増えたので、

トンネル内を歩くのは結構危険なんです。

「でもよお、不思議なんだよな」と言うので、「何で?」と聞いたら「あのお婆さんの葬式、3日前に終わってるんだ」って。

「見間違いじゃないの?」って聞いたら「よく知ってる人で足が悪かったから、歩き方特徴もあるし間違いない。

それにあんまりハッキリ見えたもんだから、車で送ってやろうとうっかり声かけようとしたぐらいだったから。」

火葬場から帰ってきちゃったんでしょうか。

友達と車でドライブに行った時の怖い体験(旧伊勢神トンネル)

はじめまして、今から40年頃以前の夏の事です。

たまたま、友達と車でドライブに行った時でした。

場所は愛知県の豊田市にある伊勢神トンネル(いせがみトンネル)の中を深夜1時頃、

走行している時、なんかクーラーも入れていないのに寒気がして、

トンネル内は薄明るい橙色の明かりが、トンネル内をてらしていました。

ちょうど真ん中あたりまで、来た時に、何か右前に白い着物着た女の人が立っていました。

何で、こんな夜遅く、女の人が立ってているのか不思議で、通行車は自分だけでしたのでストップして、確認してみようと、降りてみました。

しかし、誰もいない、近くを探してみたけど、誰もいませんでした。

可笑しいなと思いながら、車に戻り、友達と何だろうと話しました。

まあ、とにかく車を動かそうと、ギヤーを入れてアクセルをオンにしたら、うーうーと呻き声が聞こえたのでまた、ストップして、周りを探しました。

やはり誰もいない、何か気味が悪いから、早く行こうと思い、ルームミラーを見たら後部座席に先ほどの、白い着物着た女の人が、座ってました。

友達と二人で、驚いて、誰ですか? と聞きました、何も言わずうつむいてました。

こちらとしては、もう足はがくがくで、怖くて震えていました。

友達と、目をつむって暫くじっとしてました。

1、2分だと思いますが、目をあけてすぐその場所を、アクセル全開で、逃げました。

トンネル抜けても、怖い恐怖感が残ったまま、家方面に向かい車の後部座席をルームミラーで見たら、

誰もいません、あー良かったと思って、友達の家に送り、

自分の家に着いたので車を降りたら、目の前に白い着物着た女の人が立っていた。

私は、そのまま気絶してしまい、朝まで知らずに外で寝てました。

伊勢神トンネルでの出来事

今から20年も前、私がまだ高校2年生の夏休みのことでした。

当時、免許をとったばかりの先輩達と一緒に肝試しへ行こうという話になり 

愛知県豊田市の山奥にある「伊勢神トンネル」へ行くことになりました。

先輩の車2台ともう少し年上でバイクに乗っていた先輩、私と友人の7人で行きました。

初めは今も皆が利用している愛知県と長野県を結ぶ153号線を走りました。

その後、Uターンをして愛知県側のトンネルに入る入り口のところまで戻り 

脇にお店と横道に入る道路があったので そちらに車を走らせました。

横道は坂道になっており少し走らせると古くて狭いトンネルが出てきました。

この細いトンネルこそ「旧伊勢神トンネル」だったのです。

夏とはいえ、夜の7時を過ぎていて暗くなっていた上 周りが木々で覆われていたので普段より暗く感じました。

車から降り、車のヘッドライトをトンネル内に向け 中を照らした状態で中へ進んでいきました。

きっと、他の肝試しをした若者の仕業でしょうか?

壁に落書きがたくさんありました。

また、古いトンネルなので所々ヒビが入り そこから水が漏れ出てきて湿っぽい感じがトンネル内に充満してました。

トンネルを抜けて反対側に出ましたが灯りなど何もなく、頼れるのは車と手元のライトくらいでした。

トンネルを抜け、目的を達成した感じが皆から出ていたので地元に戻ろうか!などと話ながら来た道を引き返しました。

バイクに乗ってきた先輩が皆を驚かせてきたため、途中から走って車まで戻りました。

車2台はエンジンをかけてすぐに出発できる状態だったんですが、

バイクだけエンジンがかからず 何度鍵を回してもかかる事はありませんでした。

ここで皆がざわつき始めました。

さすがにトンネルから出たとは言え、曰く付きの場所だったのですぐに離れたい気持ちでいっぱいでした。

20年前は携帯が出始めたばかりで ポケベルがまだ流行っていた頃でした。

誰も携帯を持っておらず一先ずバイクを隅に置き、全員で山をおりました。

車内もあまり会話をせず、ファミレスに入って皆の顔を見るとひきつった顔をしてました。

店内の明るさと他のお客さんに安堵したのか少しずつ会話も増えていきました。

ファミレスを出たあとは家まで送ってもらい その日はそれで終わりました。

後日、バイクを取りに行った先輩から聞いた話です。

翌日、親に怒られながらバイクを運ぶためにトラックで旧トンネルへいったそうです。

バイクは隅においてあったままだったのですが、白い手形がバイクについていたそうです。

大人の手形と小さな子供の手形と…。

とりあえず動くはずがないバイクに鍵をさし、試しにエンジンをかけてみると 1回目でかかったそうです…。

結局、トラックの出番はなく さらに親に怒られたそうです。

今でも時々皆で会うときには伊勢神トンネルの話が出てきます。

バイクの手形が何だったのか今でも謎のままです。

旧伊勢神トンネル付近の事故現場にあった足跡(長野県と愛知県の県境)
友人から聞いた話です。 友人は大学に入り、しばらくして 先輩に誘われたドライブサークルに入りました。 サークルに加入してすぐ高速道路を使わずにどこまで行けるのか? という企画で旅をすることになりました。 出発当...

伊勢神トンネルにて

一昨年の夏頃でした。

その日はバイトしていたバーのメンバーと常連さんがたとかなりお酒で盛り上がり、

この流れで肝試ししないか??という流れに。

心霊関係の話やビデオがかなり好きなぼくでしたがまだ実際の心霊スポットには行ったことがなく。

多少食いぎみに「いいね!!行こうや!!」と言ってしまいました。

運転はお酒が飲めないがために一人しらふだった後輩のベルファイアで、

お客さんも含めた計6人で夜中2時から名古屋を出ました。

夜中の高速道路はかなり道がすいており予定より大分早い3時過ぎには新伊勢神トンネルに到着。

新伊勢神トンネルを越えてすぐ横の旧道を通って旧伊勢神トンネルに向かったのですが、

その道中、店長が外を向けてカメラのシャッターを押すと

何故かシャッターが降りない。

不思議に思った店長はためしに車内を撮ってみると普通に撮れる。

その後外を撮ろうとしてもやはりダメ。

しっかり充電してきたはずなのに何故か撮れずにもんもんとしながら旧伊勢神トンネルに到着。

まだ若い店長は走って一番にトンネルの前まで行きカメラを構えた瞬間

バチバチッ!!バチッ!!

とショーとデモしたかのような音がなりデジカメの画面がつかなくなりました。

噂によるとこの時期の伊勢神トンネルは肝試しの集団が多く

観光スポットばりに人がいると聞いていたのですがこの日は何故か僕たちだけ。

夜中の静けさと相まって余計に不気味な雰囲気に

ついてきたお客さんからも

もうやめよう!!帰ろう!!

と顔を真っ青にして言われたし渋々車を出そうとするのですがお決まりのごとくエンジンがかからない。

何度か鍵を回すうちになんとかかかったのですが

エンジンがかかった瞬間またデジカメから

バチッ!!バチッ!!バチッ!

と三度ほど音がして起動

全員無事に帰りましたが肝試しには二度と行きたくはありません…

恐怖の伊勢神トンネル

愛知県には昔から有名な心霊スポットである、伊勢神トンネルがあります。

伊勢神トンネルは、現在も国道として使われているものと、全く通ることのできない「旧伊勢神トンネル」があります。

心霊スポットとなっているのはこの旧伊勢神トンネルで、様々な目撃情報が噂されていました。

愛知県民である私も小学生の頃から存在は知っていましたが、行ったことがある人はおらず、

なぜかその頃は誰も正確な場所が分からなかったため(小学生だったから?)、余計に怖い印象がありました。

実際に旧伊勢神トンネルに行ったという話を聞いたのは大学生の時です。霊感のない友達Aさんでした。

Aさんは、二人の友達BさんCさんと旧伊勢神トンネルへ肝試しに行きました。

Bさんは霊感がありませんが、Cさんは霊感が強いタイプらしく、それまでも幽霊的なものを見たことがあるそうです。

旧伊勢神トンネルに着くなり、Cさんは何かやばいと言い出しました。

特に何か見えている訳ではないですが、何かを感じたようです。

そんなCさんの言葉を聞き、少しゾワゾワしながらも三人は旧伊勢神トンネルの中へ入っていきました。

トンネルは使われていないので中は暗く、でも明かりを照らして進んでいきました。

少ししたら、三人はトンネル内に車を見つけました。

かなり砂埃が積もり、いつからあるのか分からないような雰囲気の車です。

AさんBさんは少し怖くなり、「こんな所に車、誰のだろう…」と言いました。

その時Cさんがこう言ったのです。「えっ…あそこに乗ってる人の車じゃないの?」

三人は顔を見合せ、やばいやばいと言って顔面蒼白でトンネルを出ました。そして急いで帰ったそうです。

友達のAさんは、帰ってからも肩が重い、何か憑いてしまったかもしれないからお祓いに行こうかなと言っていました。

面白半分で肝試しには絶対行くまいと思った話でした。

タイトルとURLをコピーしました