北海道札幌市北24条駅の近くのラブホテルでの心霊体験

スポンサーリンク
ホテル
この記事は約2分で読めます。

これは私が5年ほど前に、実際に体験した話です。

当時付き合っていた男性と、よくラブホテルに行っていたのですが、

いつも行くホテルが満室だったので、その日は偶然見つけたホテルに泊まることにしました。

場所は、北24条駅の近くです。

その周辺には、よく飲みに出歩いていたのですが、

駅の近くにも関わらず私も彼氏も全く知りませんでした。

「こんなところにホテルがあったのか。」

と話をしながら駐車場に車を停めて、フロントへ向かいました。

行く前から、何か嫌な予感がしていましたが、とりあえず入室しました。

部屋は入った瞬間から、異様な空気に包まれており、

古びた昭和テイストのインテリアが、そのホテルの古さを物語っていました。

浴槽も、汚くてお風呂に入る気はしませんでした。

「とんでもないところに来てしまった」

2人とも内心そう思いながら、暫く無言でした。

ラブホテルというのは、色情因縁霊の巣窟でもあります。

油断すると、取り憑かれると思ったので、全く油断が出来ず私は一睡もできませんでした。

そしてようやく朝方になり、ホッとしていたその時です。

掛け布団から出ていた私の左足の甲を、誰かが「すーっ」と、人差し指で撫でるような感覚がありました。

最初は彼のイタズラかな?と思ったのですが、当の本人は横でスヤスヤ寝ています。

その部屋には、ベッドの天井に大きな鏡が付いていたので、

恐る恐る天井の鏡を見てみたのですが、もちろん私の足元には誰もいません。

逃げるようにホテルを退出し、 帰り際の車の中で暫く2人とも無言でしたが、

彼が沈黙を破り、突然こう言いました。

「俺ら、ずっと見られてたな。あの、入口のとこから。」

実は、私もずっと同じことを感じていたので、ゾッとしました。

部屋に滞在中、入り口のドアの左側から、物凄い視線をずっと感じていました。

単に見られている、というよりも、眺望の眼差しと憎しみが混じり合ったような、強い念を感じました。

おそらく、彼も同じことを思っているのだろうと感じていましたが、

部屋でその話をすると余計に怖くなるからと思い、私はずっと黙っていました。

過去にここで何があったのかは知りませんが、もう二度と行きたくない場所のうちの1つです。

タイトルとURLをコピーしました