京都の実家の団地で私が体験した恐怖体験

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

私がまだ小学生の頃。

怖い話なんかがとても流行っていました。

その流行りに乗っかって、

私も怖い話の本を読んだりしていました。

そんな頃から、毎晩金縛りにあうようになったんです。

普通に寝ていて、突然身体が動かなくなります。

そして、首を絞められているかのような苦しさがあり、

目は開くのですが、身体が動かないので、

どうすることも出来ないのです。

そこそこもがいてみて、

だんだん首を絞められているのが緩み、

金縛りが解ける、そんな毎日が続きました。

余りにも毎晩起こるので、

怖くてよく御守りをパジャマに忍ばせ眠りました。

それでも毎晩続くので、眠るのが怖くなるほどでした。

ある日の晩、その日も突然身体が動かなくなり、

首が絞まるいつもの金縛りが起こりました。

どんなにもがいても解ける気配もなく、

もがき続け、思わず目を開けた私は、

自分の足元にコートを着た男の人が立っているのを見たんです。

みんな寝ているのは知っていたので、父親ではありません。

泥棒なら助けて欲しいと思ったけど、

頭はパニックで怖くて怖くて

思わず目を思い切り瞑って、とにかくもがきました。

数分経ったでしょうか、いつの間にか、

金縛りは解け、足元にいたコートを着た男の人もいなくなっていました。

ホントに怖かったので、翌日から枕の向きを変えて寝ることにしました。

すると嘘のように金縛りがなくなりました。

御守りをパジャマに忍ばせることもなくなったんですね。

そして数ヶ月経ち、

そんな怖い記憶も忘れかけた頃、

友達が貸してくれた怖い話の本を読んでいて、凍りつきました。

金縛りにあった時に、足元にコートを着た男の人が立っていて、

その人が笑うと、そのまま死んでしまうと書いてあったのです。

金縛りにあった時にコートを着た男の人が現れることがあるんだとわかったこと、

この経験は自分だけではなかったのだということがわかり、本当に怖かった。

私はそのコートを着た男の人の顔が見えなかったけれど、

もし、見えていたらと思うと本当に怖かったです。

そしてもう一つわかったこと、

霊が通る通り道を私が寝ていて邪魔をしていたようで、

毎晩金縛りにあっていたということです。

どこにでも霊が通る通り道があるようで、

寝ていたとしてもやっぱり邪魔なんだなと感じました。

あれから数十年経ちますが、あれ以来金縛りにあうことは無くなりました。

あの頃のようは純粋さがなくなったからかもしれませんが、

もうあんな体験は懲り懲りです。

新聞にも取り上げられたことのある、タクシー怪談で有名な深泥池(京都市北区)
【タクシー怪談が生まれたと囁かれる場所】 京都市北区にある深泥池は、読んで字のごとく池の底に泥が何層も蓄積していて、 古い池で長い歴史があるためか、木々に囲まれ昼間でも鬱蒼とした雰囲気の池です。 ここは怪談好きでなくとも何...
久美浜の海で見たもんぺ服の女性の霊(京都府久美浜町)
キレイな海の久美浜が、まさかの出来事に ある友人から聞いた怖い話があり、地元では有名な心霊話です。 京都の北部に、久美浜町という自然が豊かな町があります。 海へ行けば、夏になると海水浴で楽しむ人がいっぱいで賑やかです。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました