中古のギターに取り憑いた霊体験

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

自分はバンドを組んでいて、ドラムをしています。

そのバンドメンバーから聞いた話です。

バンドメンバーのギター担当の奴が暇潰しに楽器屋さんに寄ったそうで、

中古のギターをお試しで弾かしてもらっていたそうです。

バンドメンバーが気分よくギターを弾いていたそうなのですが、

「もう、そろそろやめてもらえませんか?」と店員さんに声を掛けられたそうで、

10分以上ギターを弾いていたそうです。

なにかに取り憑いたようにギターのフレーズが出るらしく、

このギターが欲しいと衝動買いをしたそうです。

家に帰ってギターを開いてから、ご飯も食べずに風呂も入らず、

ずっとギターを弾いていたそうです。

ここのお母さんは霊感が少しあるらしく、これは不味いとお母さんが感じたらしく、

神社に知り合いがいたのでお祓いをお願いしたそうです。

バンドメンバーとギターをお祓いしてもらっている時に、

部屋の電気がバチンと消えて真っ暗なり、家の電話がなったそうです。

コールしている電話の10秒ほど無視していると切れました。

するとお祓いしてくれている人の前にあるギターからギターの音色が誰も弾いていないのに聞こえだしたのです。

その光景に唖然としてしまい、口が閉じなかったそうです。

1分ほどでギターの音色が終わったら電気が付いたそうです。

お祓いしてもらったギターはまだバンドメンバーの家にあるそうですが、

今は使用しているところは見たことがいないです。

恐ろしい体験だったとバンドメンバーは言っていました。

タイトルとURLをコピーしました