ホテル、旅先で「やばい部屋」怪異の見つけ方、さけ方

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

30代の主婦です。

怪談話が好きで、稲川淳二さんのライブにも行くほどです。

いろいろな怪談と、それが起こる理由や、そういったものを避ける方法、

こうしていたら避けられたのでは、ということもよく聞きますので、その一つをご紹介します。

よく旅先のホテルで出た、などの話をききますが、定番ですが

「やばい部屋の見分け方」です。

まず、一歩その部屋に入って嫌な感じがする部屋は、何かいる、

もしくは自分と相性の悪い部屋だそうです。

そしてよく、出る部屋には飾ってある絵の裏にお札が貼ってある、なんて聞きますが、

あまりにも有名すぎてホテル側も探されるのがわかっているので、そんなところには貼られていないそうです。

ベッドの下や下駄箱の裏など、普通そんなに探さないところにあるようです。

そして、電気系のトラブルが起きる部屋もよくないそうです。

幽霊などは電気信号ともいわれていますが、電化製品との相性というか、

何かよくないものに憑かれているときも、電気系統のトラブルが多発するそうです。

電気が突然消えたり、部屋がバシバシと静電気が走るような音がするのは、危ないのだそうです。

最後に、心霊自体が理不尽で避けようもない側面があるように、

どうしても気を付けていてもさけられない場合があります。

それは霊との相性です。

波長のようなものが合ってしまうと、それまでの人生で一度も見えたことがない人もハッキリ見えたり、

その日から見えるようになったりすることもあるようです。

わるい波長のものと合わないように、よくないものに憑かれないように、

気持ちをしっかりもっておくのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました